12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.10.11 *Tue*

ゼノブレイド感想

ブログの更新をめっちゃおまたせしているにも関わらず、
今回もネトゲの話じゃなくてすみません!

今回は、この一ヶ月ほどwhitecatがみっちりプレイしていたコンシューマーゲーム「ゼノブレイド」の感想記事です。

※ 注 意 ! ※

未プレイの方の閲覧は、この上なく非推奨です。
今後0.01%でもゼノブレイドをプレイする可能性がある方や、
ゼノブレイドをやるかもしれないご友人に先の展開を軽率に喋ってしまう可能性がある方の閲覧を固くお断りします!

ゼノブレイドをプレイする前に展開を(少しでも)知ってしまうことは、ゲームの楽しさを60~80%損なってしまうということと言っても過言ではありません…
なのでもし今ゼノブレイドをやる予定がある方は、
今後絶対に「wikipediaのゼノブレイドのページ」を見てはいけません!
キャラクターのことを知りたいなら、ネタバレが隔離されている「ニコニコ大百科」を見ましょう!
攻略サイトもできるだけ見出し一覧は見ないように!
マップを検索したい場合は、「ゼノブレイド (該当マップ名)」で検索してネタバレを見ないように務めるのをおすすめしますよ…
多情仏心さんのマップはとても簡素でネタバレも(ほぼ)ないのでおすすめです。


あと、本文併せてぜんぶで9000文字くらい書いちゃってて、
フォントとかも全然いじってないのでかなり読みにくい+気持ち悪いです。
そういう意味でも閲覧非推奨…orz

もはや開き直って、未来の自分のために書いたみたいなところのある記事です。
それでも読もうという奇特な方を止めはしません…







wiiU版VCゼノブレイドクリアしました!
いやぁ〜長かった! 一周プレイするのに90時間かかったゲームはこれが初めてです…
別に余計なことをしていたのではなく、これもほぼ探索・クエストでの時間です。その上朝起きて夜寝るまでプレイしていない間もゼノブレイドのことを考えていたので、
9月3日に始めてから、どっぷりゼノブレ生活でした。

そもそもゼノブレイドをやるきっかけとしては…
SplatoonのためにwiiUを購入したはいいけど、それ以外にはスマブラと星のカービィwii、トワプリくらいしか遊んでいなかったので、せっかくならwiiのタイトルをいくつかやってみようと思って評判を調べ始めたのが最初でした。
ゼノブレイドはどこを見ても非常に評価が高く、悪く書かれているところがほぼないような状態だったので、これはぜひともプレイしてみなければ…と思った次第です。
今回、wiiU向けのVCが配信された上にとんでもない安値で買えたので、さっそく始めたらやめられない! とまらない!
ゼノブレイドを進めたくて日常生活に支障が出る!
頭の中でBGMがエンドレス!
そんな恐ろしい魔力を持ったゲームでした…

ゲームシステムやあらすじなど、詳しいところを一切調べずに開始したのですが…
まずバトルインターフェースが新しい。
コマンド式ではなく、さらにMPなどの制限もないので、かなり自由に戦闘をすすめることができます。でも完全にぶっ放しなのではなく、アーツの組み合わせで効果が上がったり、クールタイムを任意で入れないと回復が追いつかなくて大ピンチになったり…
さらには、モナドという特殊な武器を持つシュルクのバトルスタイルだけが特別になることなく、すべてのキャラに持ち味があって立ち回りが全然違う!
すごく工夫されたバトル形式でした。

また、広大なフィールドを探索するのも醍醐味の一つですが、スキップトラベル機能でさくっと移動することもできますし、移動速度アップのジェムをつければ探索も断然捗る!
仕組みを知れば知るほどプレイヤー自身で工夫できて、ストレスフリーで遊ぶことができるギミックが満載でした。

しばらく遊んでみて、「これはMMOだ」って思ったんです。
ずっと私がやりたかった、理想に限りなく近いMMOだと。
もちろん自分以外はNPCですし、プレイキャラクターも主人公のシュルクだけじゃないので、MMOでもなんでもないRPGなんですが…
キャラクターが生きているという印象がかなり強く与えられるゲームです。
それぞれのキャラにはバックグラウンドがあり、戦闘のときにも高度なAIで支えてくれる。声を掛け合い、キズナがあがる…
実際のところはシステマチックなんですが、広大な世界を旅する楽しさと相まって、MMOを楽しんでいるときのあの気持になりました。

そして、そんな練られたシステム面を霞ませるほどの圧倒的なボリューム、そして完成度の高いストーリー!
今回長々と書いているもののほとんどはストーリーに関しての感想と妄想です。

まずとにかく、
おまえアルヴィース! ホムスでもそれ以外の種族でもなくコンピュータやったんか!!!!!

僕はモナドってなんやねん!
なんだか超越した存在だなぁとは思っていたけど、神を欺いて何千年も存在しているAIだったとは思わなかった…実際はあの銀髪の男性の姿もなにかしらの擬態だったってことだよなぁ。
ハイエンターのお抱えホムス(この辺は濁してましたが)として生きてきたはずだから、怪しまれないように定期的に老いたり死んだりしていたのかもしれない…もしくはザンザのように依り代があるか。
もしアルヴィースのあの姿が、自分で用意したアバターなら、AIを作成した人間のうちの一人だったのかもと思うと健気萌えです!
つまり相転移実験管理コンピュータ(だっけ?)の名前がアルヴィース…だったのかな?
確か北欧神話にアルヴィースという賢者がいたと思うので、それが由来かも。かなり全能に近い能力を持っていると思った方がいいかもしれませんね…どうやってあんな風に人間らしいAIを備えるまでになったのか、アルヴィースの変遷を妄想するのも楽しい!

そもそもモナドとかいう、ハンドメイドクラスタがモデナ(※樹脂粘土)と高確率で間違えそうなこの独特の単語はなんやねんと思って調べましたら、17世紀の哲学者ライプニッツが提唱していた、Monadのことのようです。
神が介在する単子、因果律によって結ばれている、予定調和に支配されるなど、作中でもあったような概要なので、まさしくモナドのことのようです。エーテル的な考えの分子や原子のことって感じですかね?
ゼノブレイドでは、主要メンバーにはなんかしら名前に由来があったりする気がします。

さてそれで問題のイケメン、ザンザ。

諸悪の根源なんだけどやっぱり相対悪って感じだったね…消滅するという恐怖からあの凶行というなら、やっぱり孤独だったのが間違いだったなぁと。
メイナスともっと距離が短ければ…1つの大陸に2柱の神なら、もうちょっとマシだったのか…
いやでも絶対メイナスの言うことなんか聞かないよなこいつ!
それにしてもザンザ、およびクラウスはそうとう好みのイケメンですよ…あのふわっとしたミディアムブロンド! 大きな瞳、整った顔立ち…その分性格が悔やまれる…!
顔は完全にシュルクなんだけど…そもそもシュルクも容姿は割と良いような描写されてたしやっぱりイケメンだよね? 浅沼晋太郎という名のイケボなのも間違いないし。
ちなみにシュルクフォームザンザがバッサバッサさせてた光の羽根みたいなやつ、デザインがめっちゃ好みです。変身後に見る影もなくなって悲しかった…
変身後は本当にダサかったよね!
最終形態は多少マシだったけど化けモンだしなぁ。

ラスボス決戦前のディクソンがかっこよかった件について。

やっぱ敵でしたと言われても完全には憎めないよねぇディクソン…
シュルクが最後まで「ディクソンさん」って呼び続けてたのも感慨深かった。シュルクにとっては父親代わりだったんだもんな…
この人も戦闘狂だっただけで悪意はなかったみたいだし、ザンザの使途をやめるタイミングもあったんじゃないかなと思うと寂しいところ…
そもそも、なんで巨人族って滅びちゃったのかな…サブクエスト全部網羅してればわかったのかもしれないけど。
アガレスとディクソンを見る限り、ホムスより2〜3回りほど大きいくらいで、今生き残りがいてもおかしくはないような気はするけど。機神との戦いで全滅したかザンザにやられたか…?
ディクソンは最終的には離反、アルヴィースも元々使徒じゃなかったとして、あの不愉快投げキッスBBAロウランは最後まで嫌な奴でしたね…カリアン殿下を扱き下ろしていたくせにテレシアになってからも侮辱するとかなんなの? 爆発四散してくれてスカッとしたわ!
ロウランは見た目は完全にハイエンターで、テレシアと合体できるってことは多分普通のハイエンターと同じでテレシアの因子があるんだろうと思うけど、ザンザの計らいでテレシア化しないようにしてたとかそういう感じかな?
それにしてもロウラン戦は記憶に残らないくらいカンタンだったなぁ…

さて、エンディングについて。
ダンバンがヴァネアといい雰囲気になってたんですけど!!!????

なんかエンディングの超冒頭でヴァネアが何気なくダンバンの肩をするっと撫でてて初っ端から「!?」ってなったけどそういうことなんですか? そういうことなんですか!?
キズナグラム正しく覚えてるわけじゃないけど、神の戦争の時代から生きてるマシーナって3000歳くらいいってたよね…? ものすごい年の差カップル…
しかもダンバン180くらいあるはずなのに、それも悠々超えてくる背丈差カップルでもあるわけか…
まぁ妹が機械化されるような御人だし、彼女が機神界人なんて気にしないか。
ダンバンは戦友に片っ端から裏切られるし、大事に育ててきた妹は戦いが終わったら嫁ぐの確定だし、寂しくなっちゃうんだろうなと思っていたから幸せになれそうなら大歓迎です!
最終戦直線まで、ダンバンがPTの年長者としてみんなを引っ張っていこうとしていたのが印象深かった。
PTの支柱はシュルクなんだけど、まだ若くて経験も浅いメンバーが多いからってことでダンバンが保護者力全開で頑張っているシーンが度々あって、でも偉そうにしないし、シュルクに嫉妬したりもしないし、出来た人だなぁと思ってました。
その上妹思いで誰に対しても面倒見が良く、未婚! 渋くてイケメン! こりゃもう狙われるわな!?
フィオルンを嫁に出すなら云々のシーン、ちょっとホロリときました…お父さん…
関係ないけどダンバンの中の人が声優の取りまとめみたいなのやってたんだね。
若本のクセの強すぎる演技に苦しめられたエピソード好きです。
声の演技の方に映像を合わせたってことは、普通は映像に声を合わせるってことですよね。
ゼノブレイドはムービーシーンで声と口の動きが一致している部分が、ふつうのRPGより多いと思うので、これは声優さんも相当大変なお仕事だったでしょうね…ボイスの数が半端ないというのは聞いてましたが、改めて考えるとすごい。

一方、恋破れて一人で立って頑張っていかなきゃいけなくなったメリアちゃんんんんんんんんんんn!!!

初恋がダメそうっていうのは割と早い段階からわかってたけど(そもそも初恋なのか? ちっさいころは兄様と結婚する!とか言ってそうメリアちゃん)、それでも負の感情を表に出すことなくシュルクを支えることに徹した彼女はホント…ホント幸せになってほしい…
今回の旅では伴侶候補は見当たりませんでしたが、しばらくはハイエンターのための施策とかで忙しいだろうし、まだまだ大変そうだなぁ。
そもそもシュルクが神を放逐したエンディングの世界って、まったく新しく構築し直されたものなのか、巨神の体が大地になった今までのと同じ世界なのか、どっちなんだろ?
正直エギルとか明確に死んだ描写がされてなかったから生きてるんじゃないかと思ったけど、ヴァネアの態度を見ている限りなさそうだし、どっちにしろ大幅に世界作り変えられちゃったからダメだっただろうなぁ。
どちらにせよ、神の采配でハイエンターがテレシアになることは二度とないし、今はもう純血のハイエンターは存在しないわけだから、他の種族と交わりながら消えていくという未来なのかもしれないね、ハイエンターって…
どっちにしろメリアちゃんは大変だろうけど。
さらに言えば、最終決戦に手を貸したからといって、マシーナもハイエンターも今までは敵と日和見だったわけだし、ホムスたちがコロニーに受け入れるまでに至るのはそれなりに時間がかかったと思うんだよね。それこそ笑いあえるまでいってるってことは、最終決戦からエンディングまでには1年くらい時間があるんじゃないかと思う。
フィオルンの体が元に戻るのも、やっぱり時間が必要だったはずだし…

そのフィオルンとシュルクについて。

フィオルンの体が元に戻りそうっていうのは散々フラグが立ってたし、意外ではなかったけど嬉しかったね!
この二人はあとはもう結婚の日取りをどうするかくらいしか悩みないだろうから、そのまま幸せになってください! というただそれだけ。
シュルクは英雄だし、機械いじりが強いし、そもそも今まで作ったことがないような機械をパッと作っちゃうとかいうとんでもない特技があるからこれからも安泰だね…
フィオルンの尻に敷かれるのはまず間違いないけど。
最終決戦でフィオルンがモナドなしでメイナスの力を行使したのは、単純に意志の力だったのか、一度メイナスを受け入れていたことで力を発揮するための土台が作られていたみたいな感じなのか…
最後二人の鬼気迫るシーンは公式夫婦でした。ありがとうございます。
シュルクはともかく、フィオルンは一歩間違えば嫌われそうなヒロインだったけど、そうならなかったのは一途で悪い感情が一切描写されなかったからかなぁ。
そもそもPTメンバーでなにか悪い感情が出ているキャラってほぼいなかった…?
むしろゼノブレイド全体で、敵以外には悪い奴がほぼいない…?
一部クエストにはヤバそうなのがいるけど、それ以外はみんな生きるのに必死で、輝いていて、そんな印象でした。
当初から旅の目的が仇討ち復讐だし、それ以上悪くならないという状態だったのかも。
シュルクも最初は、なんだか影の薄い若者なのかなと思ったんだけど、どんどん強くなっていって、それが周りの良い影響を貪欲に吸収しているからというのがわかるので、感情移入もしやすかった。
決め台詞もろくにないし、モナドアーツの技名ダサいし、偉そうなことも言わなければ強い言葉も使わないけど、運命に抗って戦い続けるという、この絶妙なキャラポジションは相当調整されただろうなぁと思いました。一歩間違えたらオイヨイヨだよ。
すべてのキャラが自分の立ち位置を守ってしっかり立っていたのは本当にすごい。しかもみんないい奴だし。
PTの中で一番悪寄りだったのは、借金踏み倒し未遂やあわよくば自分の手間を省こうとするリキだったのかもしれない…

そんなリキと、ラインとカルナのカップルはエンディングでも平和そうでしたね。

海のしょっぱさを知らないというのが、今までの世界の海はしょっぱくなかったのか、落ちた腕で海を渡って小指とかに行ったのはノーカンにされているのか…
ラインとカルナの二人ももう式の日取り相談状態だと思うけど、ラインのほうが「カルナ守る=カルナ好き」でちゃんと自覚あるのかどうかイマイチ…すごく鈍そうだし。
ジュジュはハラハラしてそう。オダマさんはイライラしてそう。
危ないシーンでは必ずカルナを庇ってるし、他のメンバーからも二人組み扱いされていたからすんなり行くと思いたい…でも姉さん女房だし、どうせカルナの尻に敷かれるから、カルナが改めて告白するというシチュエーションでも良いです…
そうなるとカルナにとっては、ガドがフェイスとして生かされていたこと、改めて自分を守って死んでしまったことは、むしろよかったのかもしれない。
ガドが生きているかもしれないと思い続けているままだったら、幸せになっちゃいけないとか考えちゃいそうだし…今はガドの分まで幸せにならなきゃって思っていてくれそう。
ラインが最後までシュルクのお兄ちゃんだったのもとてもよかったです…(最後のはアルヴィースプレゼンツの妄想だったけど)
それにしてもラインのあのバタくさい顔立ちは良い意味で浮いてたよなぁ。北米製FPSとかにいそう。
そういえば、終盤でコロニー6がテレシアに押されているシーン、褐色のフェイスが助けに入っていましたよね。
たしかフェイスにされたホムスはエギルから真実を聞かされるみたいなこと言ってた気がするし、もともとコロニーを襲いに来ていたのは、巨神を目覚めさせないように巨神界の生物を殲滅するという流れに同調してたってことかな。これもエギルの支配が及んでいたのか…
シュルクの隠し性格クエストで、デジレーンから「自分の父親は鍛冶屋のゾード」と聞いたときはさすがにちょっと込み上げるものがありました…ごめんよ…

ゼノブレイドは全体を通して、誰かが突出して強いのではなく…誰かがピンチになった時、別の誰が助けに入って反撃するみたいな関係が本当にくっきりと存在していて、バランスが神がかっていたなぁと思います。
それがムービーだけじゃなく実際の戦闘でもそうだからすごい。
まず、攻撃が成功したり失敗したりした時にメンバーが声をかけてくれるのがすごい。さらにそれで好感度が上がるというのもすごい。
本当にみんなが励ましてくれているような、そんな気持ちになりました…
ラインがメンバーを復活させる時のモーションが、プロレスの審判かなにかみたいでいつ見ても笑っちゃうけど。
シュルクは切り札で強力だけど戦闘の経験値が少なくて、それをシュルクを守ることに全振りなラインがカバー。メリアとカルナの遠距離要因がラインをサポートしたり、ダンバンがその隙に切り込んでいったり…という流れが実際にプレイできるというすごさ。
で最終的には、PTメンバーが全員、シュルクが動きやすいようにという目的があって、そのために動いているという流れがあって、シュルクもその期待に応えるために成長してきたんだな〜と思いました。
作中一番成長したのは間違いなくシュルクだし。

んで、こういうカッコいいシーンでもふつうの場面でも、ほぼ役に立つ描写がされないリキ。

個人的には、一番好きに揺れ動いたキャラです。
最初PTにリキが加入した時は、責任感のなさそうな素人勇者で、アーツもよくわかんないしなんだコイツと思ってほとんど運用してませんでした。
でも実際はかなり強力なサポート要員だったし、見た目に反する実年齢でダンバンにアドバイスする場面があったり、いろいろ背負いこみやすいメリアちゃんを癒そうとお腹を差し出したりとめちゃめちゃいいキャラで加速度的に好きになりました。
こんなにギャップだらけのキャラクターはそうそういませんぞ!
ぜひダンバンとイモ焼酎とか酌み交わしててほしいし、ダンバンに上から目線で夫婦とは…みたいな説教かましててほしい。メリアに激甘で毎回もふもふされててほしい。そしてラインと口喧嘩したりしてシュルクとカルナが呆れる…みたいな日常ください!!!
モノリスソフトのほうでも完全にマスコット扱いされてるし、なんとスマブラにも出てるということで大躍進でしたね、リキは。
ゼノブレイドプレイし終わった後スマブラのシュルク見たら別人感強くてなんだこれと思いましたけど…穏やかじゃないですね…
真面目なムービーシーンでパタパタしてたり、ラスボスにいざ挑む!っていうところでリキの勇ましい後ろ姿に笑わされて死んだりとなかなかやらかしてくれるキャラでしたも。

というか本当にラスボスつよかった! 各形態1回ずつ死にました。
ザンザはあのシュルクフォームだったらよかったんだけど、巨大化&怪物化は負けフラグというこの世の摂理をご存じなかったようですね…
モナドが二本あっても勝てないとかちょっとダサかったです。
ただもうとにかく雑魚召喚が痛くてね…
ネトゲでもよく本体より厄介な雑魚召喚とか見かけますけど本当にあれウザったいよね…火力が処理しないといけないけど、火力にタゲが飛んで死んだり、処理する前にヒーラーがボコボコにされたりと本当に恐ろしい。
雑魚をどれだけ迅速に処理できるかでザンザ戦は難易度が全然違いましたね。
最終PTは迷ったんですが、やっぱり一番安定のシュルク・カルナ・ラインで挑みました。
もうちょっとレベル上げてればダンバン盾でもいけたかもしれない…
でもダンバン盾って、一番ポテンシャルを発揮できるのが防具全脱ぎだからムービーシーン的にどうなのかなと思ってできませんでした…
2週目はタンパンさんでやってみよう。

一応クリアレベルは81くらいで、引き継ぎして2週目も作りました。
でもメンバーのスキルライン解放がまだなので、1週目のデータでもうすこし進めてから2週目を上書きしてもいいかも。
コロニー6がほぼ手付かずなので、コロニー6のスキルラインとクエストとキズナグラムは2週目とかでもいいし。さすがにプレイアワードを全部埋める気はないので…
長編サブクエストの悪名高いバーン関係をやってみてもいいですね。

そして…忘れちゃいけないのが神ってるBGMども!

もうなんていうか片っ端から神。
実は機神界突入前に機の律動をyoutubeで聞いてしまって、この曲が人気あるんだ〜へぇ〜って程度で全然ピンとこなかったんです。ロック調そんなに好きじゃないし。
でも実際に機神界で戦うようになって、戦闘BGMが機の律動になって、すぐに好きになっちゃいましたよね。
そもそも、プレイ当初はそこまでBGMなんて気にしてなかったんですよ…コロニー9はわりと素朴な曲だし、テフラ洞窟はいかにも洞窟! なだけだったし。
それが巨神脚、ガウル平原に到着した途端にアレですよ!?
これからこの広大なエリアを探索して、小さな湖や高台の絶景、今は一撃で倒されるような手強いモンスターとの出会いがこれからたくさんあるんだ! と希望を持たせる素晴らしい開放感のBGM!
あ、神ゲーだってここで確信しましたよ。あれは本当に卑怯なほど高揚しました。
他にも、燐光の地ザトールをぽてぽて探索していたら夜になって、昼とは全然違う凄まじい癒しBGMが流れ始めて思わず立ち止まりました。夜のザトールはクロードに襲われてでも聴けってレベルですね。
BGMが素晴らしいぶん、崩壊して進入不可になった場所が結構多いのは悲しかったですね…機神界フィールドのあの近未来感あふれるBGM大好きです。
街のBGMも全般的に雰囲気があっていちいち素敵だし、フィールドは多様な作りだし、これが音楽にも極限までこだわった末の出来上がりか…と舌を巻きました。
クリア前からサントラ買ってあるので、やっと聞くことができて感無量です。
あと、地味に好きなのがSEの数々。
カシャッという軽快なものが多くてちょっと耳に残るSEが多いですよね。好きです。
特に好きなのはシュルクがモナドアーツと通常アーツを切り替えるときの音と、セーブが完了したときの音。

とにかく、ものすごい神ゲーでしたゼノブレイド。
不満らしい不満がほぼない。プレイし終わってしまったという悲しみが半端ない。
あえてひとつあげるならば、サブクエストが多すぎてメンドウ、時限クエストがそこそこあるので一周目で極めるのはほぼ不可能ってところでしょうか?
でもプロは7週するっていうし全然欠点じゃないですけど…
あと、公式サイトの「社長が訊く」もなんと3部構成で、豪華&大ボリュームで読み応え抜群でした。
雑な誕生秘話からあんなゲームが生まれたというのは感慨深いですね…
ストーリーもキャラクターも、世界観も風景も、BGMも、もう何もかもが丁寧に作られていて、行き届いていて、愛を感じて…これより好きなRPGはもう出てこないだろうなと思います。

こんなにすてきなゲームに出会えて本当によかった!
category : 雑記

COMMENT

ゼノブレもっと売れてくれ、そして感想ブログ増えろw
ふとゼノブレイドの感想を漁っていて訪れました
ゼノブレイドを超えるRPGを早くやりたいです

エンディングは「地球」→「ゼノブレイド世界」→「二つが融合した世界」だと思ってます
ラインが水がしょっぱいなんてありえねえ!と言ってたり
シュルクがこの広い世界に生きる人たちに会いたいと言ってたり
最後の引きで海に巨神の頭、手、シュルクのいるコロニー9が映ってたりとするので

リキが14匹釣れも!と言ってるので12人子供がいるのかな?と想像できてエンディングは楽しいですねw

後はメリア(長生きなんで)主人公の続編作ってほしいです、あの世界が1作で終わるのが勿体ない

個人的な不満は強くてニューゲームマジでいらないと思いましたね、弱くてニューゲームやらせてくれと
色々寄り道しすぎてLV上がりすぎです

オンラインゲームは手を出さない派なんですが
ロードス島戦記の文字の吸引力はヤバいです
めっちゃ気になる・・・・
by うはひふ #-
2016/12/13(火) 00:29 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。