06
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


2016.03.28 *Mon*

【ダンスト】斜め下を撃ち抜け


ダンジョンストライカー サービス終了のお知らせ

先日、ダンジョンストライカーの終了が発表されました。

このゲーム、whitecatは以前少し触っておりまして、
でもレビューを書いていなかったんです。

幸い、終了発表と同時にクライアントダウンロードができなくなるということがなかったので、
記録を残すという意味で、レビューをしてみます。

ダンジョンストライカーです。
ダンストロゴ

ダンストは、MORPG
見下ろし視点ですが3Dグラフィックで、
爽快感のあるアクション可愛らしいキャラクターが売りのゲームでした。

しかも開発元は、ドラゴンネストでお馴染みEYEDENTITY GAMES
アクション性は保証されたも同じで、
元ドラネス勢と一緒に、サービスインを楽しみに待っていたものです…


まずはキャラクター作成。

近接剣・魔法・弓・回復職というベーシックな4つの中で、
2種類ずつ職がある、全8職
最近回復職の2つめ「ウォープリースト」が実装されました。


キャラメイクでは、
目・髪・肌の色と性別、顔と髪型、声を選べます。
装備を試着することもできます。


チュートリアルは最低限ですが、
視覚的にわかりやすく配慮されており、丁寧です。


クエストにはところどころボイスがはいっています。
NPCのイラストが出るタイプ。


インターフェースはこんな感じ。

ドラネスとあまり似ていないあたり、デザインへのこだわりを感じます。
デフォルトだとアイコンがかなり小さいので、
オプションで少し設定変更すると調度良くなります。



グラフィックの綺麗さはそこそこ。


基本的には、
クエストを受けて、ダンジョンに潜る。この繰り返しです。

飽きさせないためにか、
ダンジョンのなかでクエストが進行することが多く
マップに表示されるアイコンを見逃すと二度手間になることも…

キー配置はあとから変更できるのですが、
基本は矢印移動で、左手を置くエリアにスキルショートカットが集中しています。

ただ、右クリックで移動マウスの動きでキャラの向きを変えられるので、
どちらかというとマウス移動のほうがしっくりきます。
カメラは見下ろしで固定

戦闘は、典型的なハクスラといった感じ。
DNST21.jpg DNST19.jpg
スキルエフェクトが派手目で、ある程度連発もできるので楽しいです。

ただ、「爽快感」をウリにしている割には、
敵からの被弾が多く、ダメージも大きいので、
ドラネスを最初に遊んだ時ほどの楽しさはなかったです……


アイテムを拾うときや、
NPCに話しかける時はスペースキー
お金は近づくだけで拾えます。


装備品はカンタンに比較ができるようになっています。
よほどレアな装備以外は、
新しく入手した数値が大きい装備に変えていけばOK。


ちなみに、
クエストで作った装備品が売ることも捨てることもできないという状況に陥りました…
武器が職とあっていないので装備も出来ないし、
これはどうすればよかったのか…



最深部にはボスがいて、
手痛い攻撃や範囲攻撃をしかけてきます。
特にポーズを取ったりするでもなく、自然な佇まい。

Xキー回避を利用しながら上手く倒せば、
良い装備を落とします。



スキルは数個のみと、少なめ。
いくつかの基本スキルに、付加効果をどんどん足していくというスキルツリーが組まれています。
攻撃段数が増えたり、バフがついたり…

この辺は上級職になったり、
制限開放などされれば増えたのかもしれません。

レベル10になると、
傭兵というペット的なものをもらえます。


大きさがプレイヤーと同じくらいでちょっと戸惑いますが…
デザインの凝ったペットですね。

傭兵は、攻撃やバフをしてくれる心強いキャラクター
雑魚の撃ちもらしを掃除してくれます。
FF14のチョコボのように、PTメンバー扱いになるようです。


このゲームの最大の特徴は、
なんといってもキャラクターがかわいいことでしょう!

頭身で言えば2.5くらいでしょうか?
ちまっとした、ねんどろいどを髣髴とさせるフォルム。
アバターの種類が多く、着せ替えもポイントのひとつと言えそうです。


最後に、課金要素
サービス終了に先駆け、課金通貨がダンジョンでドロップするようになっているそうです。
なので実質無料開放…?にしてはちょっとケチですが



しかしアバターガチャが400円
ペットが1000円弱と、かなり高額ですね…

さらにこのゲーム、ドラネス同様アイテム封印システムがありますので、
課金し始めたら相当沼だったのではないかと推測。


 

全体として、
ドラネスの劣化、という印象が拭えませんでした。

なまじ、かわいいキャラアクションの爽快感など、
ドラネスと同じ土俵に立っているだけに、両者を比べてしまってダメでした。

特に感じたのは、
ドラネスほど上手く回避ができないシステムの不便さ。
スキルが少ないので厳密には連打できませんし、
MOBの攻撃頻度が高いので、どんなに序盤のダンジョンでも被弾します

また、今回は新実装のウォープリーストメインで進めたので、攻撃力も高く、サクサク進めましたが、
手数で勝負するようなタイプだと、
序盤からHP削られまくって「おもしろくない!」と思われるかもしれません。

それと、これはゲームには直接関係ありませんが、
クライアントが起動してもランチャーが残ったままだったり、
オープニングムービー中にお知らせウィンドウが出たまま消えなかったり
オプションからBGMオフにしたのに、一度終了して再度起動すると音が出る設定に戻っていたり
ちょっとした不具合が散見されたのは残念でした。

それと、これも個人的な好みなのですが、
whitecatは「夜があるゲーム」がニガテです。

夜というのは、なにかのタイミングでフィールドが暗くなるギミック。
闇の世界や洞窟など、常に暗いフィールドやダンジョンではなく、リアル時間や起動タイミングで昼夜どちらかになるシステムがとにかくニガテなんです。
理由としては、スクショがキレイに撮れない点や、
キャラクターのアバターなどこだわりが隠れてしまう点、
そもそも夜にネトゲをすることが多いのに、なぜゲーム内でも暗くなければいけないのか…といった、見栄え面が理由です。

FF14なんかもそうだったのですが、ああいうギミックいらないと思うんですよね…
その点ドラネスは、イベントの時期だけセントヘイブンが夜になったりする程度でとてもバランスが良かったのですが。


ダンストは、よくわからないタイミングで昼か夜になるのですが、
街中どこも暗いのでスクショが本当に黒い。
とてもイヤでした…

ただ、ゲーム全体で言えば完成度は高い方…で、
視点固定だからできるような立体的なダンジョンや、グラフィックへのこだわりは感じられました。

でも終了してしまうということは、
上記の欠点をカバーできなかったということでしょうか…


運営は、DMM
ここ、個人的にはあまり良くない運営だと思っていて、
なによりクライアントタイプのオンラインゲームの運営実績が乏しすぎる。

ブラウザゲームは大量に運営していますが、
それもそもそも拝金主義気味で、うまくいかないタイトルはすぐ終了させてしまいますし、
このダンストにおいても、運営への不満はかなり出ていたようです。
なぜ素直にハンゲーム運営にしなかったのか、悔やまれますね…


このページ内における「ダンジョンストライカー」から転載されたコンテンツの著作権は、運営元であるDMM.comラボ又は当社にその利用を許諾した権利者に帰属します。
Published by ©DMMゲームズ
Copyright ©EYEDENTITY GAMES INC. All rights reserved.

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)