06
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


2016.03.15 *Tue*

【CLOSERS】スタイリッシュアニメMO

2015年8月に正式サービス開始された、ほやほやの新作!

CLOSERS、レビューします!




サービスイン前に、バナー広告で出ていたこのハルトくんが、
どうみてもSAOのキリトだろと思った方は、
覚えていらっしゃるかもしれません…

内容としては、3D横スクロールアクションMO
ド派手なスキル爽快感でざくざく進めるタイプのゲームです。

運営がSEGAということで、
今はなきラスティハーツを思い出した方も多いのでは…

こちらのほうは、
どうもエルソードを作っていたスタッフが興した会社の作品らしく、
韓国製でありながら、そこそこ新しい輸入タイトルです。


画像が多いので以下折りたたみ。




まず、エリア選択。

レベル帯ごとにチャンネルが分かれているタイプです。
この画面の前に名前を入力させられますが、
この名前、何に使うかわからない上にキャラクターネームではないので、適当でいいと思います…
(イベントのランキングとかで使うのかな?)



キャラクター作成画面。
現在実装されているキャラクターは7人
陣営もブラックランブスウルフドッグの2つあります。(正規軍と傭兵、のようなものみたいです)
新作ゲームのわりにキャラ追加が早く、選択肢が多いのは嬉しいですね。

キャラクターごとに立ち回りが全く違いますが、
爽快感があるのはどのコでも同じ。
見た目や、キャラ選択画面のムービーを見て好きなキャラを選びましょう。

whitecatは中距離ガンナーのユリちゃんを選択。

最初はムービーが流れます。

プレイヤーは位相力という特別な力のある戦闘員「クローザー」。
若いメンバーが多いですが、
普通のオトナより頼りにされる異能力者、ということのようです。


かっこつけてるのに、
チュートリアル表示が顔に被っちゃう系女子。

チュートリアルはあっさりしたものなのですが、
そもそもカンタン操作で、移動してスキルぶっぱするだけなので、すぐに馴染むことができます。

最後にスコア表示が出ます。
レベルは簡単にどんどん上がっていくので、
序盤は特に気にする必要はありません。


ブラックランブスの隊員衣装は、チュートリアル後すぐにもらえます(それまではみんなジャージか普段着)
カメラ操作は、多少回転・遠近がマウスホイールで調整でき、
これ以上ローアングルにはできないのですが、
クエスト開始時のムービーでダイナミックにパンチラしてくれます。
さすがユリちゃん!


ステージは、多くのエリアと3つの難易度で構成されています。
基本的にはガンガン進んでどんどん倒して、
アイテムも自動回収なので、ストレスは少ないです。


クエストも、
メインがひとつにサブクエがひとつ、程度なので、サブクエのために戻ったりといったストレスがなく、
拠点の狭さからNPC同士も近くにいるので、
かなりしっかりした導線が作られていると感じました。
NPCが大写しなのに、左下にNPCのイラストが表示される仕様はナゾですが…


戦闘はかなり派手!
力を入れて作られていることがわかります。

基本攻撃はZキーで、Zを連打しているだけでもコンボ攻撃できるのですが、
攻撃力が低く、なかなか敵を倒せません。


そこで、A~G、C、V、Q~Tの、左手エリアのキーに割り当てられるスキルを使って、
スキルをぶちかまして敵を一掃していきます。


スキル発動中はたまにアングルが変わったりするので、
よりスタイリッシュなアクションを楽しめます。



大型のボスを倒せるとやはり嬉しくなりますね!
その分、ザコと違ってスキルを使ってきたり、一撃が重いので、
Spaceキーの回避行動や、相手のスキルキャンセルのスキルを使いながら戦います。

あと、このゲーム、
戦闘中の掛け声からクエスト文章にいたるまで、
かなりの量のボイスが収録されています。

使っている声優も有名ドコロで豪華!
アニメ好きな方は声優でキャラを選んでもいいくらいです。

もちろんシステム設定でボイスOFFにできますが、
序盤は誰かしらずっとしゃべっているくらいの勢いなので、
せっかくなら、声も楽しみながら進めてみるといいと思います。

スキル一覧画面では、
それぞれのスキルのデモムービーを見られるので、
どんな特徴があるのかすぐにわかる仕様。


クエストで新しい装備を貰えるのですが、
新しい装備と既存のものとの違いもわかりやすく比較する機能があり、
ライトゲーマーにも優しい作りです。


なぜぬいぐるみを装備しているのか…
しかもこれ、ユリのような女性キャラだけでなく、男性もです…



インターフェースは、近未来的なゲーム設定に合っているデザイン
キーコンフィグもいじれますし、
システム設定もそこそこ幅広いので安心です。
ただ、ウィンドウモードなのに画面サイズがいじれず、
若干アス比が狂っているような…
すこし横長のディスプレイだと良いのかも。


製作分解といった機能もあり、序盤のクエストで体験することができます。
これがどの程度装備に噛んでくるのかがポイントですね…
レビューでレアドロップが少ないという意見も見ましたし、後半の武器防具は厳しい現状がありそうです…


序盤でペットをもらうことができます!

ペットと言っても、PSO2のマグに近い存在で、
メカメカしいし、レベルを上げて育ててやり、バフを掛けてもらうのがメインのお仕事のようです。
ペットと同時にペットネームを変えるアイテムももらえるので、お好きな名前に変更可能。
ただ、クエスト中もかなり近くにくっついてくるので、
かっこいいポーズに被ったりしてジャマかもしれません…


最後に、課金要素に関して。


まずこちらをご覧ください。
なんのアイテムなのかわかりますか?

私はわかりません。


ゲームの世界にどっぷり浸かれるように、ということなのでしょうが、
アイテムの名前が基本的にSF仕様で、全般わかりにくいです
説明を読めば、
強化用アイテムだとか、経験値アイテムだとかはわかるのですが、
ゲーム自体はライトユーザー向けなのに、ちゃんと理解できるのかどうか…



アバターなどは、なかなかカッコかわいいですし、
パック売りも単品売りもされています。
試着も可能



ガチャのような売り方のアバターもあるらしく、
こだわり始めたらキリがないかも…




こちらがクローザーズの課金レート

1000円で50石…
ということは、スターターパックや11連ガチャは約3000円、
常時販売のアバターセットで2200円…


アバターはゲームには直接必要なものじゃないですから、
高くてもいいとは思うんですが…
問題はコレ。↓

ドラネスと全く同じ仕様の、
装備を取引可能にするための課金アイテムです。
装備のレアリティによって必要数が違うというところも同じ。

300円で10枚入りを買っても、
どうせ少ない枚数のシールで封印できるものなんて大した値段じゃ売れないでしょうし、
レアリティの高いものは50枚入りを買わなきゃいけないに決まってます…

こういう朱印システム、本当に滅んでほしい…
せめて1アイテム1コにしろよ…




軽くレビューを漁ってきましたが、
運営をボロクソ言っている人が多かった印象です。

たしかにセガって、どのゲームを見ても運営としてはイマイチですよね。
クローザーズは輸入なので、
課金やシステムへの規制が厳しい本国と比べると、オニのような日本独自仕様が施されているらしいです。

更にこのゲーム、サーバー攻撃被害にあっていて、
オープン直後にクローズドしてたことがあったんです。
PSO2でもそんなことありましたよね?学習しないの?バカなの??

なので、開始当初から遊んでいたユーザーの離散をゆるし、
イワクツキというレッテルも貼られてしまっている。
しかも運営についての悪評が多い…

ゲームだけ見ればかなり良く出来ているだけに、
残念な結果に終わりそう…


ユリちゃん以外のキャラクターで遊んでみたところ、
なかなか個性豊かで楽しかったので、もう少しだけ続きを書いてみるつもりです。

©SEGA ©NADDIC GAMES Co., Ltd All Rights Reserved.
category : CLOSERS

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)