03
1
2
3
5
6
7
8
9
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
29
30
31

This Archive : 2016年03月

2016.03.28 *Mon*

【ダンスト】斜め下を撃ち抜け


ダンジョンストライカー サービス終了のお知らせ

先日、ダンジョンストライカーの終了が発表されました。

このゲーム、whitecatは以前少し触っておりまして、
でもレビューを書いていなかったんです。

幸い、終了発表と同時にクライアントダウンロードができなくなるということがなかったので、
記録を残すという意味で、レビューをしてみます。

ダンジョンストライカーです。
ダンストロゴ

ダンストは、MORPG
見下ろし視点ですが3Dグラフィックで、
爽快感のあるアクション可愛らしいキャラクターが売りのゲームでした。

しかも開発元は、ドラゴンネストでお馴染みEYEDENTITY GAMES
アクション性は保証されたも同じで、
元ドラネス勢と一緒に、サービスインを楽しみに待っていたものです…


まずはキャラクター作成。

近接剣・魔法・弓・回復職というベーシックな4つの中で、
2種類ずつ職がある、全8職
最近回復職の2つめ「ウォープリースト」が実装されました。


キャラメイクでは、
目・髪・肌の色と性別、顔と髪型、声を選べます。
装備を試着することもできます。


チュートリアルは最低限ですが、
視覚的にわかりやすく配慮されており、丁寧です。


クエストにはところどころボイスがはいっています。
NPCのイラストが出るタイプ。


インターフェースはこんな感じ。

ドラネスとあまり似ていないあたり、デザインへのこだわりを感じます。
デフォルトだとアイコンがかなり小さいので、
オプションで少し設定変更すると調度良くなります。



グラフィックの綺麗さはそこそこ。


基本的には、
クエストを受けて、ダンジョンに潜る。この繰り返しです。

飽きさせないためにか、
ダンジョンのなかでクエストが進行することが多く
マップに表示されるアイコンを見逃すと二度手間になることも…

キー配置はあとから変更できるのですが、
基本は矢印移動で、左手を置くエリアにスキルショートカットが集中しています。

ただ、右クリックで移動マウスの動きでキャラの向きを変えられるので、
どちらかというとマウス移動のほうがしっくりきます。
カメラは見下ろしで固定

戦闘は、典型的なハクスラといった感じ。
DNST21.jpg DNST19.jpg
スキルエフェクトが派手目で、ある程度連発もできるので楽しいです。

ただ、「爽快感」をウリにしている割には、
敵からの被弾が多く、ダメージも大きいので、
ドラネスを最初に遊んだ時ほどの楽しさはなかったです……


アイテムを拾うときや、
NPCに話しかける時はスペースキー
お金は近づくだけで拾えます。


装備品はカンタンに比較ができるようになっています。
よほどレアな装備以外は、
新しく入手した数値が大きい装備に変えていけばOK。


ちなみに、
クエストで作った装備品が売ることも捨てることもできないという状況に陥りました…
武器が職とあっていないので装備も出来ないし、
これはどうすればよかったのか…



最深部にはボスがいて、
手痛い攻撃や範囲攻撃をしかけてきます。
特にポーズを取ったりするでもなく、自然な佇まい。

Xキー回避を利用しながら上手く倒せば、
良い装備を落とします。



スキルは数個のみと、少なめ。
いくつかの基本スキルに、付加効果をどんどん足していくというスキルツリーが組まれています。
攻撃段数が増えたり、バフがついたり…

この辺は上級職になったり、
制限開放などされれば増えたのかもしれません。

レベル10になると、
傭兵というペット的なものをもらえます。


大きさがプレイヤーと同じくらいでちょっと戸惑いますが…
デザインの凝ったペットですね。

傭兵は、攻撃やバフをしてくれる心強いキャラクター
雑魚の撃ちもらしを掃除してくれます。
FF14のチョコボのように、PTメンバー扱いになるようです。


このゲームの最大の特徴は、
なんといってもキャラクターがかわいいことでしょう!

頭身で言えば2.5くらいでしょうか?
ちまっとした、ねんどろいどを髣髴とさせるフォルム。
アバターの種類が多く、着せ替えもポイントのひとつと言えそうです。


最後に、課金要素
サービス終了に先駆け、課金通貨がダンジョンでドロップするようになっているそうです。
なので実質無料開放…?にしてはちょっとケチですが



しかしアバターガチャが400円
ペットが1000円弱と、かなり高額ですね…

さらにこのゲーム、ドラネス同様アイテム封印システムがありますので、
課金し始めたら相当沼だったのではないかと推測。


 

全体として、
ドラネスの劣化、という印象が拭えませんでした。

なまじ、かわいいキャラアクションの爽快感など、
ドラネスと同じ土俵に立っているだけに、両者を比べてしまってダメでした。

特に感じたのは、
ドラネスほど上手く回避ができないシステムの不便さ。
スキルが少ないので厳密には連打できませんし、
MOBの攻撃頻度が高いので、どんなに序盤のダンジョンでも被弾します

また、今回は新実装のウォープリーストメインで進めたので、攻撃力も高く、サクサク進めましたが、
手数で勝負するようなタイプだと、
序盤からHP削られまくって「おもしろくない!」と思われるかもしれません。

それと、これはゲームには直接関係ありませんが、
クライアントが起動してもランチャーが残ったままだったり、
オープニングムービー中にお知らせウィンドウが出たまま消えなかったり
オプションからBGMオフにしたのに、一度終了して再度起動すると音が出る設定に戻っていたり
ちょっとした不具合が散見されたのは残念でした。

それと、これも個人的な好みなのですが、
whitecatは「夜があるゲーム」がニガテです。

夜というのは、なにかのタイミングでフィールドが暗くなるギミック。
闇の世界や洞窟など、常に暗いフィールドやダンジョンではなく、リアル時間や起動タイミングで昼夜どちらかになるシステムがとにかくニガテなんです。
理由としては、スクショがキレイに撮れない点や、
キャラクターのアバターなどこだわりが隠れてしまう点、
そもそも夜にネトゲをすることが多いのに、なぜゲーム内でも暗くなければいけないのか…といった、見栄え面が理由です。

FF14なんかもそうだったのですが、ああいうギミックいらないと思うんですよね…
その点ドラネスは、イベントの時期だけセントヘイブンが夜になったりする程度でとてもバランスが良かったのですが。


ダンストは、よくわからないタイミングで昼か夜になるのですが、
街中どこも暗いのでスクショが本当に黒い。
とてもイヤでした…

ただ、ゲーム全体で言えば完成度は高い方…で、
視点固定だからできるような立体的なダンジョンや、グラフィックへのこだわりは感じられました。

でも終了してしまうということは、
上記の欠点をカバーできなかったということでしょうか…


運営は、DMM
ここ、個人的にはあまり良くない運営だと思っていて、
なによりクライアントタイプのオンラインゲームの運営実績が乏しすぎる。

ブラウザゲームは大量に運営していますが、
それもそもそも拝金主義気味で、うまくいかないタイトルはすぐ終了させてしまいますし、
このダンストにおいても、運営への不満はかなり出ていたようです。
なぜ素直にハンゲーム運営にしなかったのか、悔やまれますね…


このページ内における「ダンジョンストライカー」から転載されたコンテンツの著作権は、運営元であるDMM.comラボ又は当社にその利用を許諾した権利者に帰属します。
Published by ©DMMゲームズ
Copyright ©EYEDENTITY GAMES INC. All rights reserved.

2016.03.27 *Sun*

巨塔、臥す



『ドルアーガの塔~the Phantom of GILGAMESH~』サービス終了のお知らせ。


ウワァアアアアアアアア…

ついにドルアーガの塔サービス終了ですか!
というか、8年しか運営してなかったの!?
個人的に影が濃いと感じていたので、もっと長く運営してるもんだと思ってました…

元々はアーケードゲームだった、超ビッグネーム「ドルアーガの塔」が、
ご家庭で手軽に遊べるオンラインゲームになるということで、当時はかなり話題になった記憶があります。

ただ、最初は運営会社がロッソだったので、
クソ運営によるクソゲー化も同時に聞こえていました…

大手も規模縮小の流れになっている昨今、
長寿タイトルといえども時代の流れには勝てなかったということでしょうか…

2016.03.15 *Tue*

【CLOSERS】スタイリッシュアニメMO

2015年8月に正式サービス開始された、ほやほやの新作!

CLOSERS、レビューします!




サービスイン前に、バナー広告で出ていたこのハルトくんが、
どうみてもSAOのキリトだろと思った方は、
覚えていらっしゃるかもしれません…

内容としては、3D横スクロールアクションMO
ド派手なスキル爽快感でざくざく進めるタイプのゲームです。

運営がSEGAということで、
今はなきラスティハーツを思い出した方も多いのでは…

こちらのほうは、
どうもエルソードを作っていたスタッフが興した会社の作品らしく、
韓国製でありながら、そこそこ新しい輸入タイトルです。


画像が多いので以下折りたたみ。
category : CLOSERS

2016.03.11 *Fri*

後の英雄(使い走り)


ロードス三回目!

前回の記事が、だいぶ長くなってしまったので(主に文字の量)、
二回に分割しました。

スクショの量はそんなでもないので、
のんびり読んでいただければ幸いです…




クエストに関して。



ロードスは、悲しいかなメインクエストまでもパシリ的なクエ内容が多く、
様々なところへ走りに行かされます。
そのためか…マップがかなりわかりやすい作りです
どのエリアに進行中のクエストがあるか、
レベル帯はどの程度か、遠さはどのくらいか、すぐにわかるようになっています。

ただ、全く表示されない新規クエストもあるようで、
そういうクエに限って、なかなか手に入れられない装身具上衣、下衣などが手に入ったりするようです。


これはザクソンの街の最南端で「探索」をすると、
始めることができるクエスト。


往復がやや遠いものの、
カンタンな狩りで装身具をもらいました。


ちなみに、前々回の記事で良いと書いたメインクエストですが…
レベル25、26くらいになると、
日本語がだいぶあやしくなってきました…

原作準拠のほうの」メインクエストはいいのですが(小説本文のコピペだから)
メインストの中に入ってくるオリジナル部分が崩壊してきています

ウッド・チャックがそんな言葉遣い…!
イメージが崩れすぎる…



ロードスで、whitecatが最も楽しめている要素は、
ズバリ狩りです!

最近はめっきり狩りPTプレイヤーになってしまいました…
それくらい楽しくて!


たくさんのプレイヤーで連携しながら、
ダンジョンボスをタコ殴りにして倒すのが、昔ながらで楽しいです…
アイテムドロップもボーナスがついたりするので、お得なことが多いです。

それに、自分以外の職への理解を深めるのにもつながります。
どんな立ち回りだとうまく進んでいけるか、
どんなプレイヤーならうまいと思ってもらえるか…

たまに当たる、とんでもない地雷PTも楽しみのひとつと…言えるかな…?

ちなみに、
PTプレイにはゴールドモンスターが出やすいという利点があります。


ゴールドモンスターは、
無心に狩りをしていると、モンスターを倒したあとに湧くもので、
石碑を壊すと出現します。
出てきたモンスターのドロップアイテムは帰属らしく、
出現させた本人が倒さなくても良いですが、アイテムは拾えないようです。


ノリに乗っているときは、
一度に2個石碑が出ることも!
経験値やドロップがとても美味しいので、
パーティを敬遠している方にはぜひ経験してみてほしい旨味です。

パーティに誘われる画面がバグる系ネトゲ。


私の画面サイズの問題だと思うのですが、
プレイヤーネームとMOB名が被って、おもしろいことになる場合も。



最後に…
レベルアップボーナスとして、郵便箱から届く染料
もったいなくて使えない!という人もいると思うので、使ってみました。

染料を使うと、
すでに決まった配色のビジュアルから一種類を選びます。


染料の色は、体装備に依存するので、
装備を変えると効果がなくなってしまうほか、
染料を使った装備でも、普通に売ったり捨てたりできるので、
なくしてしまわないように注意です。



ちょっとかわいい配色があったので、使用。
心機一転できて良いですね。



ロードス、楽しいのですが、
PTでは上手い人と下手な人で落差が激しく、疲れることもしばしば…

回復を一切しないプリ
ヘイトスキルを持っていないパラ
MPをばかすか使う火力
なぜかナイト盾でボスに挑もうとするパメンなど…

良いPTに出会えた時の喜びが大きいので、
やっていけているようなものです…
彼らにはいつか、自分に合った職か、職の良い立ち回り方法に気づいてもらいたいものです…

でも、この手探りな感じも昔ながらで懐かしいです!
本当に、昔のレッドストーンに戻ったような…あれ、今やっているのはもしかしてレッドストーン…?



ネコも歩けばバグに当たる。


バグだらけで文章の翻訳も怪しくなってきたロードス島、
この先どうなっていくのでしょうか…

2016.03.10 *Thu*

地味の中の激しさ



ロードス島、二回目!

Twitterでも「#ロードス島」なるハッシュタグが賑わいを見せており(苦情多め)
ますます楽しい(?)ロードス島戦記オンライン!

今回は、
前回の記事で網羅できなかったシステム面中心の記事です。


ロードスのキャラクターは、
まず初期職で10コ前後のスキルを習得します。

最初にスキルを取得できる頃なら、
上から習得可能スキルをすべて取っても大丈夫なのですが、
徐々にSPが足りなくなってくるようになります。
こうしてプレイヤーは、
優先度の高いスキルとそうでないスキル」を見分けていくようになります。

そうして、一次職のうちにスキルの特性や使い方を学ぶと、
20レベで転職を迎えます。

単調でカンタンな転職クエを終えると、
スキルマスターのところで2つの方向へ転職の道が示されます。

2職のスキルなども見られるので、
自分がやりたいことができるか魅力的なスキルがあるかどうか等を考えながら転職すると良いでしょう。

また、ロードスはちょっと変わったスキル構成になっており、
アクティブスキル(攻撃やバフなど、自分の意志で発動する)と、
パッシブスキル(ステータス上昇など、習得するだけで効果がある)の二種類の他に、
リアクションスキルというものがあります。

リアクションスキルには、さらに「チェイン」「クラス」の二種類があり、
スキルマスターで習得したあと、自由に組み替えて、
キャラクターに個性を出すことができます。
入れ替えができるパッシブスキル…的なポジションでしょうか。


例えばスカウトだと、
リアクションスキルには「毒デバフ付与」系と「対人」系の2系統があり、
MOB狩りメインのスカウトなら、「毒デバフ付与」系をセットしておけば、通常攻撃でも猛毒デバフが出るなど、ダメージ貢献度が上がります

オラクルやエスカイアでは支援系と攻撃系など、2種類の立ち回りが想定されたものが用意されており、
SPと相談しながら取るのが良いようです。

また、ロードスのキャラ育成の特徴として、
冒険者技能があります。
これは、そのキャラクターで狩りをしたり、クエストを進めたりするとポイントがもらえ、
自由に割り振ることのできるシステム。

成長技能では、ステータスの底上げがメイン。
攻撃速度上昇」に振りたい場合、前提となっている「攻撃力アップ」を規定数取らなくてはいけません。

冒険技能では、
ステータス等以外の確率を上げることができます
例えば、移動速度を上げたり、レアアイテムがドロップする確率を上げたり、ゴールドの獲得量をあげたり…


もうひとつの技能「職業」は、
自分のキャラクターが規定レベルになると、習得できる特性のようなもの

この職業技能は、
アカウント内のすべてのキャラクターで共有なので、
共にレベル20のスカウトとシーフがいれば「体さばき(回避率上昇)」を習得できたり、
レベル20のナイトがいれば、作ったばっかりのオラクルで「MP軽減」が使えたりする…というわけです。

サブキャラを作るほど旨味が増えるシステムはありがたいですね…
アカウント共有倉庫もありますし。



そうそう、
一緒にロードスを始めたツレと、
ツレがやっているゲームのフレンドさんと一緒に、ギルドを立ち上げました。


身内と勧誘とサブキャラだけで出来ているギルドですが、
ギルドなんて随分ひさしぶりなので、逆に新鮮です。


まだカンストもしていないことだし、
もう少し続けていきます。

プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)