08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30

This Archive : 2013年08月

2013.08.31 *Sat*

お散歩オンライン

FF14、さっそく販売制限やログイン制限で大荒れ中です。

前回があんな大失敗だったにも関わらず、こんなにたくさんの人にまた応援してもらえるなんて、
FF14はとても幸せなMMOですね…
MMOの大きな流れの中にいるようで、whitecatもやや誇らしい気持ちです。

ゴールデンタイムにログインオンラインになるのはどうかと思いますけどね



さて、今回は序盤のムービーやゲームの景観のお話。


新生14を語るにあたって、やはり外せないのがグラフィックです。

ゲーム内の画像を見て「これ本当にゲームなの?」といった声がちらほら聞こえるほど、息を飲む緻密なグラフィックが展開されています。
ムービーとフィールドが同じ画像品質というのも良い点です。
さすがにOPのトレイラームービーには劣りますが…そこはご愛嬌。

FF14_01_20130830225840bc1.jpg FF14_02_20130830225904129.jpg FF14_03_20130830225918b2b.jpg
FF14_04_20130830225933fee.jpg FF14_06_20130830230003837.jpg

TERAより画面が綺麗かどうか、は、プレイヤーの主観にも関わってきますが…
十分PS3画質の素晴らしい出来といえると思います。


FFのナンバリングタイトルとはいえMMO、
やはりストーリーは若干薄味というか、余計な横道が多く飛ばしている人も多いかと思います…

しかしマップの景色は、
細い道の先の草原やマップの隅の水源地、夜の町並みや丘から仰ぎ見る空など、
かなりお散歩ポイントの高い構図が多いです。
私などはついついクエストそっちのけでSS撮影に勤しんでしまいます…


FF14_10.jpg
プレイヤーの分身となるキャラクターの美しさは特筆すべき点です。
キャラグラだけ妙に汚いMMOも多いですから、さすがですね。

FF14_16.jpg
NPCもしっかり表示されます。
こちらはwhitecatイチオシの、幻術ギルド長エ・スミ・ヤン様
プレイヤーキャラとしては未実装の「角尊(つのみこと)」という御方らしいです。


むしろ見どころなのは、ムービーよりもフィールドの景色です!


FF14_08.jpg FF14_07.jpg
景色もたくさん撮ってあります。
水の表現は、飛沫より水面の美しさが際立ちます。

FF14_18.jpg
ちなみにこの池にはクアールが生息していました。
クエMOBなのに生息数が少なめなので、POPして即狩られる絶滅危惧種っぷり…

FF14_17.jpg FF14_12_20130830230138545.jpg FF14_11.jpg
ロマンを掻き立てられる細かな景色も。
フィールドのオブジェクトは、平地にあるものならだいたい登れます。
山地に差し掛かる岩肌などは殆ど登れません…


FF14_09.jpg FF14_13.png
チョコボをゲットするとさらに散歩が捗ります!


FF14_14.png FF14_05_20130830225949625.jpg
クエストに写真撮影にと走り回ったら、ふかふかのベッドでひとやすみ…

FF14では宿システムがあり、宿でログアウトすると「レストボーナス」というものがたまります。
これは宿だけでなく、画面下部に三日月マークが出ている場所でログアウトすればどんどん溜まっていくもので、経験値が1.5倍になる効果が。

サーバーの接続障害などで、フィールドで落とされるととてもやるせない気持ちになります…


次回は戦闘について書く予定です。


Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

2013.08.25 *Sun*

生まれ変わりの目撃者

大変お久しぶりです…
リアルのほうが色々とゴタゴタしてしまっているうちに3DSで逆転裁判が出てしまったせいで、そっちに夢中でPCに一切触らない日が続いていました…(責任転嫁)

もうそろそろ更新しないと、自分自身ブログを忘れ去ってしまいそうだったので、話題を引っさげて書きに来た次第です。


というわけで8/27から正式サービスが開始されるFINAL FANTASY XIV:新生エオルゼアのプレイ記事です。

スクリーンショットの数が多いので、いくつかの記事に分けて投稿することになりそうです。
本当はいらないらしいのですが、一応全画像にコピーライトを入れてあります。




新生エオルゼアの前のFF14は「根性版」などと呼ばれたり、クソゲーまとめwikiに記事が載るくらいヒドい出来だった、ネトゲユーザーの間では有名な巨大地雷でしたが…
イチから作りなおされるということで、様々な方面に期待されるタイトルでもありました。

whitecatもその一人。
クローズドテストフェーズ3の枠に当選したので、
フェーズ3、フェーズ4とオープンベータテストに参加しておりました。



まずはオープニングムービーが流れます。

FF14_01.jpg FF14_02.jpg FF14_03.jpg
FF14_04.jpg FF14_05.jpg FF14_06.jpg

新生14のウリのひとつは美麗なグラフィックとなっていて(旧14もそうだったはずですが)、ムービーの時点でかなりキレイです。
画質を最高品質にするまでもなく美麗さはわかります。


そしてキャラクター作成。
キャラメイクは「ベンチマークテスト:キャラクター編」でサービス前にも作ることが出来ます。

FF14_23.jpg

whitecatはララフェルミコッテでキャラを作っておきました。
どちらもカワイイし、メイキングはムズカシイ微調整などもないので簡単に美人を作れます。
変顔を作ろうと思ったら苦労するかも?


最初はミコッテメインでやろうと思っていたのですが…
ちょっと諦めてしまったのでララフェルでプレイを始めました。

というのも。
ミコッテは新実装の巴術士で入ったのですが、巴術士の初期村「リムサ・ロミンサ」のMAPが非常に複雑で入り組んでいて…
さらにwhitecatは持病の項目に「方向音痴」と書けそうなくらい複雑なMAPがダメでして…
そのうえFF14は慣れるまで3D酔いが結構きつくてですね…

FF14_43.png
細い道が入り組み、上層・下層の区別が方向音痴殺しなリムサ・ロミンサ。

すべて言い訳ではありますが!
別の街に脱出できるまでレベリングをすることができなくて、リムサ・ロミンサ以外の初期村の職に切り替えて開始したというわけです。

FF14_12.jpg FF14_24.jpg

作りなおしたララフェルの初期村はグリタニア、クラスは幻術士です。

幻術士はいわゆるヒーラー
かなり序盤から高性能のヒールスキルやレイズを覚えます。
ところでこのゲーム戦闘中はレイズ使えないんですよ…
だから目の前で死んでも蘇生できないので、殺さないようにするしかできないんです…歯がゆいったらない…



FF14の特徴的なシステムとして、アーマリーシステムがあります。

FF14_28.jpg
FF14はクラスレベル=キャラレベルとなっており、そのクラスは好きなタイミングで切り替えができます(戦闘中やクエ中は不可など、切替時の制約はありますが)
別のクラスを手に入れるには、対応したギルドに出向かなくてはいけませんが…
そうして所定のクエストをクリアすれば、すぐに切替可能なクラスとして手に入れることができます。

ちなみにwhitecatはこのシステムを使って、道半ばだった巴術士をわりと早めに習得しました。
もうとにかくカーバンクルを出したくてね!


FF14_39.png
アーマリーシステムでクラスチェンジをすると、レベルもそのクラス固定のものになり、装備も外れてしまいます。
というか、装備を持ち変えるとクラスが変わるというのが正しいのですが。
そのために、保存した装備一式の情報を呼び出すシステムがあり、これで移動中などでも一発クラスチェンジが可能となります。便利!

ヒーラーと召喚術を1キャラでできるなんてとてもステキです…こういう自由度は大好きです(´∀`*)



次回はクエストやらお散歩SSを載せる予定です。


Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)