02
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

This Archive : 2013年02月

2013.02.14 *Thu*

【ダンジョンヒーロー】業界寒冷化

今年の冬は多くのクライアント型オンラインゲームがサービス終了を発表しました。

自分で把握しているだけでも20本弱はありますでしょうか…
中小運営には現行タイトルのうち半分が終了なんてトコロもあり、大企業の有名タイトルもちらほら見受けられました。

そのためか、
ここ最近は新規リリースのタイトル自体も少なく、明るい話題がありません。
TERAの無料化と、FF14の改装で一部が沸き立った程度でしょうか…


そんな冷たい風が吹くネトゲの世界ではありますが、
新しい作品がないわけではありません。

というわけで、ダンジョンヒーロー、やってきました。



先のcocoloaで香ばしいところを魅せつけてくれた、
新進気鋭のネトゲ運営GameHeartの新作です。
正直、もう一度ログインするのすらかったるいレベルではありましたが…もしかしたら良作かも・という淡い希望を捨てられず…。


ナンバーワン(笑
まず公式サイトでひと笑い頂きました。

2013年が始まってまだ二ヶ月しか経っておりませんが
ずいぶんと気の早い運営のようです。HAHAHA...
ブレイドアンドソウルかダンジョンストライカーが来た時点でその文句も取り下げないと詐欺になるというのに、強気なものです…


無題
クライアント起動直後からこの日本語である。


このゲーム、このサーバー選択画面でアニソンのような主題歌が流れます。
ランチャーには音量調節などのオプション変更がないため、startする前にサウンドボリュームを確認することをおすすめします。




キャラクター作成では、3つの職業を選択できます。
剣士は近接、冒険家学者は遠距離で
冒険家はスカウトのような職。最初は銃を振り回すようです。

髪型と顔は5種類ほど用意されています。
デフォルメ系のキャラ作成としては意外と悪くないデザインです。
驚いたことに、男と女で顔がまったく同じです…



ゲームは全体的にファンタジー世界
グラフィックはどちらかというと、簡素なほうでしょうか。ディティールより大きなオブジェクトが目立ちます。
一緒にいるのはいつものツレで、学者です。



装備のデザインがそこはかとなく残念…とくに頭。
メーカーとタイアップをしているらしく、変わった頭アバターをつけている人も見かけました。



UIはこんなかんじ。
アイコンが大きめなのは見やすいです。
というかこのゲームのウィンドウインターフェースは、整理整頓されてかなり見やすいと思います!
唯一手放しで褒められる利点かも

そのかわり、インベントリが狭いわりにダンジョンで装備や素材がポロポロ落ちるので、すぐにいっぱいになってしまいがち。
インベントリの一列拡張がやや安めな設定なのが救いです。



町中はMキーから開けるマップで、オートランが可能です。マップは見難いの一言。
オートランの性能は中の下といったところ…
移動速度がイマイチなので、広くもない町中も移動がかったるく感じます…初期村なのに…


ダンジョンヒーローはMOアクションゲームです。
町でクエストを受けて、インスタンスダンジョンに入るタイプ。全体的にお使いクエストです。
ストーリー性はあまりないようなので、気になるのはアクション性


町からダンジョンに入るときに、一般的なマップのイラストのようなものから選択します。
画像にあるように、ちょっと操作がわかりにくいですね…




ダンジョン内での戦闘は、ぶっちゃけそんなにアクション性が高くありません。
攻撃スキルを押すと近くのMOBにターゲットされますので、そのままポコポコ撃つだけ。魔法と銃は勝手に範囲攻撃になるようで、本当に攻撃を連打するだけです。

それと、スキルを始めの方にひとつ習うのですが、
通常攻撃を始めるとスキルキーを押した瞬間には発動せず、通常攻撃を一回キャンセルした分硬直することもあるので、とてもモッサリしたりします。
冒険家のスキルは前方扇状範囲攻撃で、スキルキーを押すと攻撃範囲分の帯が表示され、もう一度押すと攻撃します。
TERAでも同じシステムはありますが、序盤で覚える攻撃スキルでこれだとテンポが悪すぎます…

正直、爽快感はありません




気になる課金コンテンツはこちら。



      高い!!!
こちらのSSでは値段が割引になっていますが、
永久期限の全身二箇所のアバターを揃えるにはなんと6000円掛かります。

参考までに、アバター課金がバカ高くて有名な完美世界では、最新のアバターが全身3800円です。(参考
これでもぎょっとする値段なのに、それを塗り替えてしまう価格のはとても宜しくない…


POTなどもありますが、中でも装備強化補助アイテムも課金というのは不親切な気がします。
しかもさりげなく1回1コじゃ済まないような注意書きが…


しかもこの運営、CBT時点からぶっ飛んだ 一風変わったキャンペーンを催していました。

ダンジョンヒーロー不具合0への道

これって、アイテム配布するからデバッグしてねってことですよね。
CBTはバグ報告するのが意義といえど、わざわざ声を大にして言うことではないし、ちょっと露骨すぎやしませんか…。たしかに報告数は跳ね上がるかもしれませんが…
それに、ユーザーからそんなに多くのデバッグ報告を寄せてもらわないといけないような状態なのかな? と思ってしまう気もします。


ちなみにこのゲーム、登場当時は「不具合ゼロ」と謳っていたらしいです。
今でもクライアント落ちが頻発する程度なため、すぐにこの文句は撤回されたそうですが…うぅん、よくよく大口を叩きたがる会社のようですね。




ゲーム自体は、単調なクリゲとあまり変わらないもので、敷居は低いです。
見た目はかわいいので、そこに惹かれたならやってみてもいいと思います。

ただし!
運営があきらかに地雷なので、まったくオススメはしませんし、期待はしないほうが…といったところ。
これからどんな展開が待っているのか、とても楽しみですね(笑)


Copyright © Game Heart All Rights Reserved.
Copyright © EYASOFT CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyright © 2012 Gaule Revolution Inc. All Rights Reserved.

2013.02.07 *Thu*

ムーンドロップ

まだまだ飽きずにTERAをやっています。
ベーシックで安定したネトゲは夢世界以来なので、真新しいシステムがないかわりに安心して遊ぶことができています。

もっとも、ソフト面では安心できない部分も多いですが…。



さて。
TERAがCBT中だったとき、whitecatはエレメンタリストをやっておりました。

今回の無料開放ではランサーが先陣を切りましたが、元々やっていたエレメもぜひやってみようと思いたち、ランサーはしばらくおやすみしてキャラを新規作成しました。

ケモノで愛らしいポポリとは反対に、ワイルドなイケメンを作るべくメイクしたのはキャスタニック


我ながらイケメンに作れました!


装備のセンスは派手すぎますが…
似合っているとも思います。しかし真っ赤だ!


正直、キャスタニックは火力職向きの種族で、実際エレメのキャスタニックはあまり見かけません。それでなくても全職エリーンだらけだというのに…
ポポリと同様、キャスを選んだのは完全に私のシュミです。
ヤンキーのようなガンつけが目立ちますが、なかなか愛着が湧くものです。

赤凰(セキオウ)という名前をつけたのは夢世界以来で、ヒーラーにはこの名前をつけることにしています。
野良PTに参加した際にさっそく「赤風」と呼ばれましたが…


魔法に適した種族には劣るのかもしれませんが、ソロでもPTでも特に不自由することなく順調に育っています。




ハンコインが余っていたので、ガチャを回して手に入れたメダルで白馬を買いました。
通常の軍馬より早いので重宝しています。


ガチャのほうでは、新ガチャ開放二日目に目玉のひとつであるユニコーンをゲット。
ランサーに持たせて走り回っております。
走った蹄の後がぼんやりと白く光るのがとても幻想的でステキです。


エレメンタリストは後衛職
主な立ち回りはヒールと召喚で、他人のMPを回復することができるという一風変わった職業です。
ソロでは、精霊召喚とデバフを使って死ににくい立ち回りが可能、
PTにはプリーストには及ばないものの、ヒーラーをこなす枠として参加できます。

ランサーでは、
MOBの行動パターンを読んでヘイトを常に保ちつつ、スタミナとMPを睨みつけながら盾をするという神経の磨り減る立ち回りが必要でした。

エレメはそういったことはなく、後衛まで及んでくる範囲攻撃さえ見切って、PTメンを死なせず回復を怠らなければしっかり仕事をこなすことができるので、PT参加への敷居が低くなりました。
法衣職なのでとても柔らかく、雑魚でも死線が見えることがあるのが困りものではありますがね。


野良PTに一日一回は参加しているかも…
TERAの醍醐味はPTプレイにもあるので、楽しく遊んでいます。


中型の討伐やIDの周回など、ランサでは気軽にできなかったことを思う存分やっています。

後ろから見ていると、前衛さんの動きや後衛火力の立ち回りも見ることができるので、勉強になることもしばしば…
野良のIDPTでは、盾さんが意外と長くシールドを張っているということに驚いたりしました。

もっとも、身内と二人でID行く私のやり方では、
私が盾張りっぱなしではMOBを殲滅できないという根本的な問題がありますが。



中型の討伐のときは、自分でPT募集することもしばしば。
集まりにくいときなど主催は大変ですが、エリアの中型クエストをさくっと消化できるのでありがたいものです。


邪教IDにて。
ここはなんともMOBの数が多く、ボス直PTでも倒すべきMOBが多いなかなか厄介なIDでした。
死霊・邪教ではMOBが後衛に流れそうになることも多く、
ランサーでもエレメでも手腕が問われる難しいダンジョンです…


ボスもあきらかにヤバい雰囲気…
阿修羅!


羽のようなものを広げて強攻撃をしてきます。タラバガニ!



どんなボスがいるのか、ドキドキしながら挑むのも楽しみのひとつです。

法衣では、中型がただ歩行移動するだけで死にかけるほどで、被弾しやすい職が多いとMP管理もかなり大変になります。
邪教、死霊あたりからだんだんと難しくなってきて、気を抜くと混戦になって死にかけることも…
うまく立ち回れるように日々研究中です。


死霊研究所のメインクエは聞くも涙語るも涙…
クエストの終わりにもらえるアイテムにはしっかりと「二人は恋人」と書いてあって、さらに切なさを誘います。




無料化した際の人口増加のときにしか、初心者がもりもり入っていくようなこんな楽しみ方はできないのかもしれませんが…
まだしばしTERAライフを満喫したいと思います。

プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)