10
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
21
23
24
25
26
28
30
31

This Archive : 2011年10月

2011.10.29 *Sat*

【ウィザードリィ】ツレが無職になりまして。

いや、まだなってませんけど。
たまにそんなような話をするのですが…

先日「無職になったら一緒にウィザードリィやろうぜ!」と言ったら、

「それやるくらいならレッドストーンやるわ」と冷静に返され、
嬉しいやら悲しいやら微妙な気持ちになりました(´・ω・`) whitecatです。

どっちやるにしても一緒に遊んでくれるとは思うんですけどね。


 


というわけで。
先日ついに正式サービス開始されましたWizardry Online、プレイしてきました!




結論から言って、上出来です。
向き不向き、ロストの危険性をどう考えるかなど、人に寄る所が大きいゲームではありますが…
オンラインゲームで言えばかなりいい出来の部類に入ると感じました。

ウィザードリィといえば、非常に古くからある歴史あるゲームで、基本はコンシューマーでした。
なんと最初のWizは1981年にコンピュータゲームとして発売されたものだとか。
シリーズ初のMMOタイトルとなったのが、このウィザードリィオンラインというわけです。


キャラ選択
キャラクター作成画面。

見ればわかる人も少なくないかと思いますが。
制作はヘッドロックです。
whitecatはクライアントを起動した時点で、これがヘッドロック制作だとわかったくらいです。
この特徴的な作り方地味過ぎるグラフィック…ぶれませんね。
エルフ男がレゴラス崩れみたいになっててちょっと笑えました。

キャラ作成
キャラクターの地味さは相変わらず。
等身がおかしくないだけマシといいますか…
ポークルよりラピンのほうがかわいいですね。ポークルは、より幼児体型のロリショタ向けっぽくなってます。


まずプレイヤーは種族(と性別)を選び、それから職業を選択します。
キャラ選択画面で、
種族に寄る職業の向き不向きなどがしっかり記載されているので、
それに従うもよし、ネタキャラを作るもよしと、そんな雰囲気です。

種族と職業以外にも、キャラクターに影響するいろいろが設定できます。
これもゲーム内の説明が大変詳しいので迷うことはなさそう。

インターフェース
インターフェースはこんなかんじ。
割りとすっきり画面に収まっている印象です。

チュートリアル:死亡について チュートリアル:戦闘
 ムービー1 ムービー2
チュートリアルはムービーがかなり多く、また丁寧です。
またチュートリアル用ダンジョンは割りと面倒くさく複雑に作ってあって、
これがウィザードリィの世界を象徴しているのかなという印象を抱かされます。

開閉 取得
行動コマンドがかなり充実しています。
自分で扉を開けさせるMMOはそうそうないんじゃないかな…


イケメソ
ムービーに現れたイケメン。
どうやらかなり強いNPCという設定のようですが…そのうちこの装備、プレイヤーが着ることになるでしょうね。


ヘッドロックといえばお馴染み、バックアタック判定ですが、
今作にもそれは導入されています
とはいえ操作はアルカディアサーガというよりパンドラサーガに近く、戦闘は適度な緊張感があります。

ただ単純なクリックゲーでないので、
ターゲットのロックオンや行動などの操作はやや難しくテクニカルになっています。

アクションが苦手な人には敷居が高いかも知れません…


さて、ウィザードリィの最大の特徴とも言える、死亡とロスト。

死亡 蘇生
死亡と蘇生はこんな感じ。
課金をするMMOなのに、場合によっては本当にキャラクターロストが発生するその姿勢は見上げたものです。
しかし…
廃課金したキャラが本当に消えたら…whitecatなら自殺したくなると思いますがね。



基本的には灰になって消える前に復活できますし、
恐らく本当のロストを防ぐような課金アイテムが出るでしょうから、そこまで深刻に考えるほどではないと思います。

ただ逆に言えば、それ以外のシステムは割りと見慣れた、使い古された設定やシステムが多いということです。

またゲームの特性から、
パンドラまでとは行かないまでも一定数のPKが横行すると思われますので、そういう環境が苦手な人もとっつきにくいかもしれません。


走る
アラレちゃん走り。
目的地に向かう間にもなにかとムービーが入ってきます。


冒険者ギルド
雰囲気のあるギルドの風景。

座る 挨拶 ごろ寝
やたらと種類があるエモーションからいくつか。



ロストシステム以外は単調なゲーム…ではあるのですが、
ウィザードリィという題材と、地味画風なヘッドロックが見事に融合した良作だとwhitecatは思います。

ダンジョンが、怖いんです。

チュートリアルダンジョンしか行っていないから、MOBが出るといってもそんなに強力はなずないし、
ソロダンジョンだから誰かに襲われることも一切なかったはずなのですが、

どこか…カドを曲がるときに身構えてしまうような…そんな雰囲気がすごいです。

コアなプレイヤーだけが集うような、そんな空気をひしひしと感じました。
なかなか面白かったので、whitecatももう少しやってみたいと思っております。


運営はガメポでお馴染みゲームポット。
タイトルによっていろいろと差のある運営ではありますが、
課金関係は(高めに)割りとしっかりしているので、そこまで心配いらないかも知れません。
ただし色々前科がありますので、垢ハックとBOTには気をつけておきたいですね。

2011.10.27 *Thu*

解き明かせなかった世界の謎


81keys サービス終了のお知らせ
※リンクはWebpage screenshot



( ゚д゚)


これ、ついこの間プレイレポートのせたやつじゃないですかぁあああ!?

そうか…終わってしまうのか。
登場当時、デフォルメ系だからと敬遠したもので、この間ヒマだったので戯れにやってみたのですが…
わりと悪くはなかったと思うんだけどなぁ。


ナインテイルオンライン サービス終了のお知らせ
※リンクはウェブ魚拓


こちらも忘れていたので書いとく。

まぁナインテイルは…グラファンに味をしめて作った劣化品でしたから、まぁ当然っちゃ当然ですね。
でも短い期間で終ってしまったことは81keysと同じですね。

しかもコレ、魚拓見るとわかりますが、ナインテイルプレイヤーをグラファンに移住させる気満々なんですよね。
運営からも使い捨て扱いされるって…いくらチョンゲでもひどいもんだ。

巷ではたまに、アエリアが良運営と呼ばれることがありますが、
過去にさりげなく個人情報流出(しかも結構大規模)やってるし、課金品が安めな点以外はあまり評価できる運営ではありません。

まぁアエリアはあまり新作を連発するところではないし、どうでもいいのですが。




追記:

ハウリングソード サービス終了のお知らせ
※リンクはWebpage screenshot


今度はガメポのタイトルが終了か…

まぁ横スクで、異様にキャラの顔がかわいくないし、よく続いた方でしたかね…
操作性もイマイチだった気がするし。

にしても短い命だったなぁ…



R2もサービス終了になったし、年末に向けてまた悲しいニュースが多くなりそうですね。

2011.10.22 *Sat*

【ユグドラシル】世界を貫く大樹が貧弱

いくらか時間がたってしまいましたが、
ユグドラシル CBT行ってきたのでレポートです。




悪の運営 MK-styleの新作MMOです。
お得意の美麗イラスト詐欺で発表からだいぶ期待されていましたね。


whitecatも、期待1割・絶望9割で体験プレイしてきました。

私が参加したのはCBT開始2日目で、
たくさんのユーザーの往来や雑談チャットと化した全体チャを多く見ることが出来ました。
ユグドラシルのクローズドベータはかなり長期間に渡っているのが特徴で、
その間に実装予定の要素をいろいろとテストしてしまおうという魂胆のようです。


まず目につくのは。
MKにしてはめずらしい残念グラフィックでしょうか。
直近のTERAを思い起こさせますが、画面が全体的にゴチャゴチャとしていて、
綺麗なグラフィックという印象がありません。


職はCBT時点からかなり豊富に用意してあり、なんと8職
役割が被りそうな職もありますが、
大体完美世界と同じような雰囲気の構成になっています。
whitecatはまずは、将来の不遇職確定であるパラディンでキャラ作成。

インターフェース
インターフェースはこんなかんじです。
かなり古臭い色合い…


2キャラ目にアーチャーを作ったのですが…
なんだこのテクスチャ?
表示バグなのかPC相性がわるいのか、変な四角はずっと消えませんでした。


このユグドラシルですが、カメラにすこし特徴がありまして…
簡単にいえば、パンツが見れない ローアングルにできないという点です。
近接⇔俯瞰はマウスホイールで調節できるのですが、ローアングルから周りを見渡したりということができず、カメラが定点固定されているような不自由さを感じました。
2.5Dに近いと言えるでしょうか。

ストーリー序文
ストーリークエスト。
ユグドラシルの名の通り、世界観は北欧神話に準えているようです。
つまり主人公はヴァルハラに集められた英雄ということでしょう。

しかしあなたはダンリックではないのだ。

なんだと…!?


しょっぱなから主神オーディンが死んだ世界に召喚されるとか誰得…
つまりラグナロクはとっくに終わってるってことですか…。

ドラゴンさん
こんな巨体のドラゴンを倒すチュートリアルも。
クエストの通りに進んでいけばレベルはサクサク上がります。


こういうアゴがしっかりしたドラゴン、whitecatは大好きです(´∀`*)


戦闘1 戦闘2
戦闘は至って単調、あまり派手さはありません。

レベルがサクサク上がる割にスキルは序盤ではあまり覚えられず、一桁ダメージの通常攻撃と、とんでもないダメージを叩き出すクールタイムがとても短いスキルの2つで回す感じです。
その作業感の割にクエストはおつかい、MOB討伐もそこそこあるので、早々に飽きられてしまう可能性は高いと感じました。


採集クエ
採集システムもありそう。

2011-10-13_17-56-20.jpg 2011-10-13_17-56-28.jpg

さて、whitecat的に一番気になるのが、盾職のヘイトコントロール系スキル
完美のモフは、ヘイトを取っても他職に取られるという不遇な職でしたが、こちらも似たようなかんじになる悪寒がします。
ヘイトスキルのクールが短いということは、高火力がいる場合クールごとにスキル打たないとタゲ取られるってこととほぼ同義ですからね…

ドラネスなどは異常なほど盾職優遇なゲームですが、他ゲーの盾職って言ったら大体こんな不遇っぷりですよね。
「パーティを守る最前衛」っていうなら、PT全体HP量増加はもちろん、全体微回復スキルくらいはあってもいいと常々思うんだぜ…



チュートリアルエリアを抜けると、早速ユグドラシルの売りの一つ、召喚獣入手ができるようになります。

召喚獣
クエで捕まえる召喚獣。

召喚獣データ
ざっと見るだけでもこんなにいっぱい。

召喚獣がどのプレイヤーにも手に入れられるということは、ペット専門職は実装されないかもしくは、召喚獣+ペット的な職が実装されるかどちらかという感じがしますね。


\だが断る/
初心者チップを見せる気はないらしい。



感想としては、
サクサクゲームとしては楽しいですが、やはりちょっとインパクトに欠けるグラフィック、使い古されまくったシステムなどが目立ちます。

キャラグラの残念さは公式サイトでも十分確認可能ですけどね。
大体そんなかんじです。

その上運営はMKですから、鬼課金。


それでもやりたいならどうぞご自由にといったところですね(´∀`)

2011.10.20 *Thu*

第三回セイントステ晒し

先日、久しぶりにシードラ無死クリアできました。
whitecatです。

でも未だに無死称号はひとつも持ってないんですよね…
なんだかんだいって自分が死んでしまうのもあるし、誰か死んだり野良で壊滅したりも間々あるので。
いつか達成したいとは思いつつ、特に急ぎでもないのでノンビリやりたいと思っております。


今回は運良く無死でしたが、危なげないとはとても言えない危険なSDでした。
メンバーがそれぞれ、整わない環境ラグ蔵落ちの恐怖と闘い、2RのBH部屋に吸い込まれたり、蜥蜴を再湧きさせたり、モンタンで火力(+私)が死にかけたりしながらもシードラ本体まではちゃんと辿りつけました。
惜しくも二人ほどメンバーが欠けてしまいましたが、火力のメンツが残っていたこともあってだいぶ早い時間にクリアできましたね。

いやそれにしても、前にwhitecatも助けてもらった、半固定メンのマセさんのハイドレはいつも神がかっていて惚れそうになりますね!
モンタンのツタ+全体毒で、絶対死んだと思った場面がありましたが、ハイドレのお陰で全員切り抜けることができたところは印象深かったです。
火力がとんでもないのも、他の固定PTから引く手あまたなのも頷ける話です。

うちのヲリはクレとの掛け持ちが多いですが、ぜひ同じくらいイケメンになってほしいところですね!


そうそう、やっと雑魚種の壁当て回避が安定してできるようになったので、画像を作ってみました。

種前種後

雑魚弾は、そのものも痛いですが雑魚MOBはさらにめんどくさいという要素があるので、湧かないのにこしたことはありません。
真ん中の、ちょうど突進ブレスが来るあたりには壁がありませんので、雑魚の処理に自信のない方は、左右に4箇所くらいある壁のところに行きましょう。





さて本日のメインディッシュ(?)、第三回セイントステータス晒しです。

第一回第二回と毎回画像を作っていますが、今回も手抜き感満載のステータスイメージを作っておきました。
潜在を手打ちするのが果てしなくメンドウだったので、コピペしたところはどうか大目に見てやってください。


今回は体力特化装備と魔力特化装備の2特集です。

魔力装備 体力装備
左が魔攻装備、  右がHP装備です。

主に3箇所ほど、その都度装備を入れ替えて対応しています。
プリには雷属性を伸ばすという選択肢もありますが、whitecatはそちらには疎いのでなんとも言えません…
ですがギルメンのセイントは、魔攻4k↑くらいで雷80%あるそうです。
ここで重要になるのは、武器をどこまで廃強化できるかってことですね。雷属性装備はHPや魔力と同じ要領で集めればいいわけですから。

最近はレベルの低いものでも活力アクセが高価で、HPが伸び悩んでいるという方も多いかと思います。
ちなみに壁は、リング以外の装備はほぼ自前で、涙で交換したり、ネストに通ってドロップを拾ったり素材を集めたりして作ったものがほとんどです。
リアルラックも必要な部分はありますが、地道にがんばってみてください。



さて、いつもの身内晒し SS紹介でも。

話の流れを全く覚えていないんだけど、ぷるるんの体重話が浮上。

カオスチャットログ
ぷるるんのぷるは贅肉のぷる。
まぁ腹が出るとお肉ってブルンブルンっていうかブニュウっていうかそんなかんじだから、ぷるぷるならまだいい方ですよね。
ねっ!

カオスチャットログ2
同じくぷるるんネタから、アクビにあそびに行った時のこと。
廃火力(予定笑)のインクで来たにも関わらず、四天王のMP吸引をまともに食らって、パルーサ撃破までほぼニートだった地雷の図
サブだからネクタルないのはわかるけどね…ww


からはんさん
この人はどうしてこう残念なのか。




先日、発売されていることを確認し忘れていたせいでだいぶ遅くなりましたが、
ソウルドロップ最新刊をゲットしてきました。




アウトギャップの無限試算、です。
クリプトマスクから約一年半ぶりの新刊。

文章の緻密さ、ストーリーの面白さはまったく変わりませんね。
やわらかいの言葉選びやクスッとくる書き方が本当にうまいです。
whitecatは飴屋大好きな読者ですが、今回は飴屋さんがだいぶアクティブに動いている上に、ななななんと、伊佐さんと直に接触して会話するシーンが…!
普段は人畜無害っぽい振る舞いの飴屋さん、伊佐さんに対しては超越者っぽい態度で接しているのがなんかギャップというか違和感と言うか。
でもこれでもう一歩、ペイパーカットの謎に近づいたのではないでしょうか。
あと今回も奈緒瀬の無意識デレは顕在でした。
反応が初々しくて癒されますね!


今巻で気になったのは、前巻同様千条のロジカルサーキットの出番がなかったこと
ロジカルサーキットはここぞという時に使う、言わば場を引き締めるアクションシーン的な役割があるわけですが、ここ二冊で一度も発動されていません。
まぁたしかに、謎や事件ではなく人間の関わりを主体に持ってくると、ロジカルサーキットを発動させる場面がないのはわかっているのですが…
やはり一巻や二巻のような勢いに欠ける感覚は否めないかと。

また、今回千条はロボット探偵ならぬ「ロボット奇術師」になると作中で書かれていますが、その描写がほとんどなかった点も気になりました。
スイヒン素子のウィングオブイカロスの舞台で、後半の主役不在に代役として出たらしいところくらいしか千条のアクティブな要素がなく、いくら犯人(?)側の策略とはいえ、オーディションシーンでも一切マジックの所作が見受けられなかったのは「??」と思ってしまいました。
種木くんにマジックについての考えを聞かれているときはもっともらしく見えましたが、それもなんというか…うーん。
どちらかというと、設定が生かされていない、死んでいると思ってしまいました。
ロジカルサーキットも死に設定になってしまわないかどうかがやや気になりますが…。

まぁこのシリーズはどんどん進むという雰囲気が無いので、打ち切りなどせず着実にやってほしいです。

2011.10.14 *Fri*

闘争か逃走か


ここのところ色々と新しいタイトルが発表されていて右往左往のwhitecatです!

とりあえず目下ユグドラシルをテスト中、ウィザードリィは正式オープン待ちをしております。

そんな流れをぶった切って、今回は夢世界のハナシです!





蘭さんのブログを久しぶりに見に行ったら、とあるギルドに所属しているとのことで…
もしかしたらクラン戦に来ているかも?
元気な姿を見られるかも?
 と思って木曜、クラン戦を観戦してきました!

クラン戦、しばらくやらない間に七仙ではなく神秘開催になったのですね。

観戦をどの位置ですればいいのか確認がてら、いくつか戦いを見たあと、目当てのクラン戦へ。



いや~見ているだけでテンションがあがりますね!
アドレナリン大量放出なお陰でツイッターでひとりで荒ぶっていました。
もうこれは反射行動のようなものです…


メイン戦場に集まってきたメンバーを見て…

安さん!( ゚д゚)
想さんも!(*´∀`)

嬉しい発見でした。まだみんな一緒にいたんですね!

それ以外の知り合いは、みな名前が変わってしまったのか、確認できませんでしたが…
元ダブドラの知り合いがちらほら見かけられました。

フラワー移住組は仲良くできているのですね。
ちょっとだけ安心。

そしてお目当ての蘭さんはいないという…(´;ω;)ブワッ


SSをカメラモードでバッシャバッシャと撮りながら、インフレしまくっているダメージに興奮しているwhitecatへ…


想 さ ん か ら 耳 打 ち が … !!


( Д)  ゜゜
慌てて「戦いに集中しろ!」と返事しましたが…アレッ。
私の移行キャラ、バ レ て る…?

移行させてから1記事くらいしかまともに書いてないしHTMLに載らないように配慮したのになぜすでに想さんにバレているんでしょうかね(´・ω・)
まさかまだこのブログみてるやつがいるなんてことは…ないな! さすがに! はっはっは!



oh...


その後は、想さんたちが勝ったのを見届けたトコロですぐにドラネスの闘技場イベントに行ってしまったのですが…
もうすこし居たら、久しぶりにおしゃべりできたのかな。

まぁ引退してから何ヶ月どころか年単位で過ぎてるので、今更顔を見せるのもなんだか気が引けてしまいますけどね…
もし来週も時間があれば、覗きに行こうかと思っています。



それにしても、ミニ四聖獣とかサソリとかドルフィンとか、かわいい騎乗がまた増えたんですね!
whitecatも一瞬だけ散財して、こんなの買ってみました。

雪テン

メンドウなのでレベ上げとか品質6目指しとかはしないですが、かわいいです(´∀`*)

アロハさんにあげたバハムートちゃんは…まだ誰か可愛がってくれてるのかな。
どんなゲームのどのMOBやペットより、夢世界のプチドラゴンがかわいいです。今でもナンバーワンです(´;ω;)


ステ
先日INした際にもいろいろと散財して、ステータスもこんなかんじになってます。

いやしかしHP低いなこれは…
あんなクラン戦につっこまれたら一瞬で蒸発しますよ…

それにいつもドラネスで90kとかHPある職やってると、低すぎて地雷にしか見えなくなってしまうという弊害が…
タンク職のはずなんですけどね。


まぁまた気が向いたら夢に行ってきます。
昔の仲間は大好きだけど、今の仲間もできる間は大切にしたいです。




イケメンなギルメンたちが次々に多忙に陥っていて困惑中。
whitecatでした。

出産も同棲も新規事業もしかたないけど病気はアカンよ! マジで!
はやくしっかり治してきてね。
category : 夢世界

プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)