05
1
2
4
5
7
8
9
11
13
14
15
17
19
20
23
24
26
27
28
30

This Archive : 2010年05月

2010.05.31 *Mon*

しっぽの付け根が収集つかなくなる気がする



もうそろそろ梅雨の時期が…近づいてきたのでしょうか。
最近は冬眠状態だったうちのクサガメがもそもそと活動するようになってきて、その代わりのようににゃんこが寝てばかりです。

いや、にゃんこが寝てばかりなのは十年前から変わりませんけどね(笑



そんなわけで今回の動画紹介はすこし早めに。



個人で製作されているCGアニメーション、クサガメロボットいっちゃんシリーズ。
現在8話目の予告編が配信されている段階です。

CG技術もさることながら、なんといってもこのシリーズの見所はカメへのですね。

フローリングの上のクサガメの動きって、いっちゃんのモーションと寸分たがわないと思います。

のそのそ歩く感じとか、びっくりしたときにとんでもないスピードで逃げるのとか、首を傾げる仕草とか…
動き方を極めつくした主の愛を感じます。

もちろんふつうのクサガメはいっちゃんほど多機能ではありませんけどね?(笑





さて、完美では。

先日85になりまして、やっとこさテイムしに行きましたよ…
九尾の狐を!

九尾の狐
きつねときつね



テイムして、間近で見た感想。

思ったより顔が怖い。

口がめっちゃ裂けてます…まぁもともとがMOBだし、仕方ないといえばしかたないんですけどね。
こうして狐妖精と並んでいると、明らかに力関係がペット>本体に見えますよね。

でもかわいいからなんでも許せちゃいます(*ノノ)キャー




いやホント、私クリーチャー好きなもので…

こればかりはどうにもなりませんね。




あとは仙魚をパラシオに上位互換して、さらに本体のレベル上げを頑張るつもりです。


最近今までにもましてレベル上げはやくしろと催促されるようになったので…
いままでのペースで考えたらかなりハイスピードなのになぁorz





と、ネタをひとつ。


旦那様が例の ハトとか出せそうな 素敵なシルクハットを被っていたので、大爆笑しながら 微笑ましく思いながら撮ったSS。

ウルトラクイズな旦那様

ウルトラクイズのあの、ピコーンてなる帽子にも似てますよね。
抱っこされてるSSなのはご愛敬。こちらの残念な紫が風猫でございます。



それと、つい先日のこと。

ちょと折りたたみ。

category : PW完美世界

2010.05.29 *Sat*

祖西をかける少女


放っとくと十二時間は寝ます。しろねこです。


さてさて、お給料に浮かれて完美のほうでも新しいファッションをめざし、いくつか揃えてみました。



ヒロイン+フレア

以前から持っていたヒロインスーツにいま一番のお気に入りの貴婦人スカートをあわせてみた。

ブーツが引き立つカタチをしばらく探していて、これなら甘さ控えめなカンジでいいのではないかと自分ではご満悦です。
軍靴ってなんでこんなにかっこいいんだ。大好きすぎます。


ヒロイン+パンク+ブーツ

すこしまえの私のファッション。
前はブルーベースでブーツも違いましたが、パープル系統になったおかげかちょっとオトナっぽい雰囲気に?


トラッド+マーシャン+ゴージャス

また、以前から気になっていたマーシャンスカート、ランダム染色したら思いがけず白になったので…トラッドシャツとあわせてみました。
倉庫にお蔵入りしていたゴージャスヒールとけっこう合う。
働く女性のオフみたいな印象…これでメガネあればカンペキだと思うのですが、いかがでしょう開発さん!(笑



フェザーセット

それと、まったく着る予定のなかったフェザーシリーズ。
なんの成り行きか、セットで着ることになってしまいました。遂に断わり切れなかったッス…
コートは淡い紫(紫貝色)できめていたのでこれで。
ブーツはランダムでいい色が出たのでこのまま着まわします。
スカートはホントは白がよかったのですが、白狙いで色まわして黒になってしまったので…まぁこれでいいか、とw


フェザー+パンク

コートに合わせる別の案。
これはこれでちょっとステキな気がしますが、いかがでしょう。







祖西をぶらぶらしているとステキなコーディネートの方をみかけるのですが、童顔な風猫ではまったく似合わないことがほとんどです。
新ファッションのベルサイユシリーズも、頭含め全体的に似合わなくて試着の時点で断念しましたorz

かといってエステしても、大人っぽくて美人な顔なんてメイクできるはずもなく…


ホントはセーラー上下とか、パンクジャケットにレザーパンツとか、かっこカワいいスタイルを着こなしてみたいものですが…まぁ、向き不向きということで…ね。



そうそう、新ファッションと言えば、ギルメンがルネッサンスシリーズを買ったというので冷やかしに見に行ったりしたのですが。

ジャケットのほうはエレガントな感じでけっこう好印象。パンツと靴はルネッサンスのものをあわせるだけでなく、ちょっと崩してみるとちょうどいいかもしれませんね。
ハットは、正統派シルクハットといった感じで、帽子自体は白色固定だそうです。
こちらはかなりあわせるのが大変そうですね…

ギルメンはかなり気に入ったご様子で、コーデ無視で被り続ける意気込みのようでしたが(´w`)


ま、なによりも自分の好み、ですよね。








さて、完美生活はと言うと。

はじめての霜降の氷城ダンジョンに連れて行ってもらいました!


急なお話だったのでボスの下調べも手順の予習もほとんど、というかボスに至っては半分までしかわからず。
後半半分のボスはかなり右往左往していたと思います…

なんとかデバフや範囲や元気など、普段から必ずやらなければならないお仕事は怠らずにやれましたが、一度なにかよくわからない範囲で転がったり、ちょいちょい護符が動いたり、かなりイマイチな立ち回りだったと自負しておりますorz



もう右も左もわからないとはこのことで、かろうじて一枚SSを撮りました。

しもふり・合体ホーラン

最後のボスですね。
ものすごくでかくて、某MMOのユニークモンスが頭をよぎりました…



忙しかったし、終わった後の脱力感がすさまじかったですが…
でも楽しかったです。

大体の流れは掴めた…気がするので、機会があればまたぜひ行きたいと思います(`・ω・´)





さぁて…85達成記念に九尾の狐テイムいってきまーす!
category : PW完美世界

2010.05.25 *Tue*

青春の1ページ


以前の自分の記事を、というか夢引退のときの記事を読み返して…


野良で気楽にやっていけるゲームに行くつもりだったことを思い出しました。しろねこです。




っていうかそもそもの元凶はモンスターファームラグーンの大コケ運営とINできなくなった致命的な致命傷のせいですよ。けっこう楽しめてたしレベルだって装備だって順調に集まっていたのに…

全盛期のカバルで垢ハックされたときより不完全燃焼な感じがさらにひどい。



…ま、PTゲーが基本的に好きなので、拘束されようが束縛されようがプレイスタイルが揺るがされなければいいんですけどね。適度な野良と、おしゃべりが楽しいフレンドと…





考え込んでも仕方ないので今を楽しむ方向で(´・ω・)





そうそう、フレの一人に「レッドストーンやったことないからわかんない、ブログに書くな」と言われたのでもうひと記事書こうと思います。(おい




レッドストーンはね、よくできたゲームなのですよ。

欠点を上げるとするなら2D独特のグラフィックとks運営くらいなもので、クエストやダンジョン、スキル、全体的によくできたゲームなのです。



なかでもプレイヤーがずっと付き合っていかなければいけないのが、秘密ダンジョンにおけるPTプレイ

私はカンストまで行かなかったのでアレですが、レッドアイの隠されたアジト廃坑の隠された金鉱はとてもよく覚えています。




そう…主に待ち時間でね。

特に廃坑秘密は、ブルネンシュティングでナンパされてから実際に廃坑に入るまで4~5時間待たされたこともあったっけ…

よく覚えていませんが、DにどこかのPTが入っているとポタが出ないとかなんとか?
とにかく人気でポタも出ないし、先にはいったPTが出てくるところにひとりメンバーを配置して、「出た」の掛け声を待ってメンバー全員が入場ポータルを連打するなんていうムチャクチャなダンジョンでしたね!!orz


ダンジョン自体はそんなに難しくもないのに…
あ、でもボスのHP減少デバフで死ぬことはあったっけ。
でもまぁ脅威と言えばそれくらいで、大人気のダンジョンだったわけです。

ポタ出しからはじめたら優に2、3時間はかかるしね。




よく入口の前で他のPTとかち合い、白チャでだべったりしたっけ…


暇すぎて技の見せあいっことかしてた。
マジ振り弓槍だったから弓スキルも一通り取ってあって、無限矢で火雨と氷雨を連打してたりしてた。今思えばグラボ殺しだったかもしれないけど…w

暇すぎて身の上話とかもしてたな。
オッサンとガキが多かったけど、RSは冗談の分かる人や軽めな人が多かったからなんでも面白い話になって楽しかった。
ちなみに私が女子高生だと言うとあからさまに鼻息を荒げる人も多かった…w


ま、すこし付き合えば私がそこらの可愛らし~い女子高生じゃないって分かるし、変な粘着は…そう、片手で足りるくらいしかなかったですよ。うん。
中身女の子のフレもいたけど、その子はそういうネトゲの怖いところを垣間見ていなくなってしまったね。



でもなにより、装備のことすごく考えたゲームでもありました。

高校生だったから課金なんてほんとーーに全然満足にできなかったし、露店売りの装備を指をくわえてみてることが多かったけど…

初めに無限矢を手に入れたときは、嬉しかったなぁ…
矢職はすごく矢代が嵩みますからね。
そのお金をためて速度槍を買ったり、いいオプションの鎧をすこし安くして露店に置いたら飛ぶように売れたり…

初期のころあこがれてた紫色の鎧を装備できたとき、すごく誇らしかったな。


初心者にいろいろ教えてあげたり、逆にいろいろ教わったりしながら。
時に運営に文句も言いながら。

初心者ストクエの邪魔になるアサシンをたくさん牽いてあげて、通り過ぎたら片付けて…なんて、一銭にもならないことをギルメンとやったこともあったっけ。

バフ職じゃなかったけど、「ありがとう」って言ってもらえて胸がじんとしたのを今でも覚えてる。






RSは凝ったところはない、でも基礎に忠実でよくできた、王道のMMOでした。


たしかに課金は高い。
運営はいまいち対応が悪い。
課金度によって不公平感もある。
垢ハックも多い。


でもはじめてのMMOにするには、これ以上ない環境だったんじゃないかな、と今は思っています。



私がやっていたのはもう3年~4年前なので、今はどうなっているかわかりません。
オレンジガーネットが第一サーバーだったころだし、1鯖はまだ活気あるのかな。新職も出たしね。




そんな懐古厨のつぶやきでした。





まだまだ続くよ!折りたたみ。


2010.05.22 *Sat*

でこぼこのひび



ぐーぐる先生の今日のお顔に朝からびっくりしてしまいました…しろねこです。

パックマン30周年!




そんでもって完美では、山あり谷ありで凹んだり…凹んだりしながら過ごしています。風猫です。

いやいや、谷ばっかりじゃないんですけど、ホントホント。


その証拠に先日、夫婦クエストでもらえるクジから…アタリがでました!




クジのあたりはペット卵で、たま~に赤ログが流れたりしていますが。

今回のは赤ログこそ流れなかったものの…大当たりです。
それがこちら。


プチ魚妖魚ベビー

その名も、プチ魚妖魚ベビー!


…魚って二回言っちゃってるのがやや気になりますが。

女子の立ち姿のちょうど膝下くらいの身長とちいさめで、ちょこまか動く姿は…めっちゃかわいいです!!



うちの旦那様は戦士のくせにペット枠が10枠全部空いているというトンデモない人なので、この珍しいマスコットペットをものすごく羨ましがっておられました。
残念ながらこの子、取引不可扱いなのであげることはできませんが…

ま、夫婦クエやってればきっといつかは出ますよ…たぶん。


そっくりさん!?

そんな旦那様に「こいつムウキ(NPC)に似てる」と言われたので、記念写真でも撮ってみた。

たしかに…ちょっと似てる。

ペット名はおふざけで「旦那様」としてみました。
でもブログ内でこんがらがる可能性があるのでそのうち変えるかもしれません…(笑




そして、凹んだ出来事も…自戒のために書いておこう。





category : PW完美世界

2010.05.21 *Fri*

自己形成の基礎


ステータスのお話。


しろねこは死にたくない症候群重症患者です。

なにかっていうと、とにかくHPがしっかりないと落ち着かない。
ついでに防御もそれなりじゃないとうまいこと立ち回れない。
なにがなんでもヒーラーに迷惑をかけたくない。
つまるところ、死にたくないんです。


これはもう脅迫観念のようなもので、対人戦で突っ込む戦法(という名の特攻)をしているときですら、なぜか生き残って集中砲火を浴びていることが多いです。
そして職によっては、デバフに半泣きになりながらも死なずに自陣に戻ることがあります。

夢世界でも、100ダンジョンで私より火力もレベルもある壁メンバーが死ぬのを尻目に無敵スキル使いながらひとり壁やったりしてたことがあります。当然一人では討伐できませんので、なんとかタゲ切って仲間に合流しますorz



そんな私はここ完美でも紙妖精なんて作れるはずもなく、かなり体力に振ったステータスで尚且つ防御もHP確保もしたい欲張り状態です。

最近は装備を少し変えたせいでHPが3.8kになってしまい、必死で精錬をがんばっていました。
でもなぜか頭装備だけが+1から上にならなくて、山のように幻仙石を使いながらやっと先日+2に…
あとは適当にHP石を突っ込んで、なんとか4kにHPを戻すことにしました。

実際HP差は100ちょいくらいだったのですが、その微妙な差が生死の命運をわけることもあるから難しいものです。




ところでこの恐怖症はどこから沸いたのかというと。

明確な原因があります。



それは私のネトゲデビュータイトルであり、今でも好きなタイトル・レッドストーンでのこと。

RSをすこし触ったことのある方ならご存知かと思いますが…レベル25あたりから、蟲巣窟の隠された洞窟という秘密ダンジョン、つまりプライベートダンジョンがありましてですね…


このダンジョン、実はものすご~~~く難しいのですが、挑戦者は後を絶たないいわくつきのダンジョンなのです。


ここのボス、クリーパーというきもいイモムシなんですが、そりゃあもう鬼畜仕様なんです。
体力紙の職はばたばたと死んでいくし、範囲行動不可状態にさせられるので遠近の使い分けはできず。
そもそも全滅して再突入しようとしても、一度クリーパーに手を出すとダンジョン全体に及ぶ範囲攻撃がはじまり、ほとんど復帰不可能状態に。


私が体力ランサーメインになったのも、無理もない話だと思いませんか!(泣


周りが死んでいるのに一人泣きながらPOT連打(といってもディレイがあるのですが)しつつやつを倒した場面が何度あったことか…
しかもこのダンジョン、最後の最後まで本当に鬼畜で、クリパが終わったあとも洞窟が崩れる=ひどい持続ダメージのなかをシビアな時間制限で駆け抜けさせるんです。
しかもMOBは鈍足を打ってきますので、真っ先に駆け出していった戦士を中盤あたりで追い抜かす場面もしばしば…


たとえ火力はカスカスでも、体力だけは忘れないようにキャラを作って遊んだ日々でした…

クリパ全滅はいまでも鮮明に思い出せますよ…もはやトラウマだね。




ほかにも廃坑秘密の5時間待ちとかいろいろ切ないエピソードはあるけれど…やっぱり楽しかったな、RSは。


完美もそんなふうに楽しめるといいなと思っています。
しかしまずは装備だな…がんばらねば。




というわけで今回の動画紹介はこちら。



レッドストーンユーザーでなくとも、ネトゲをしばらくやっていたことがある人ならきっと切ない思いになるはず。

RSでは有名な神Flashをようつべからもってきました。
ほかにもニコ動で検索すると24パロ系の動画があったりして、腹筋崩壊しまくります。

やっぱり思い入れのあるゲームというのは、何年たっても変わりませんね。
category : PW完美世界

プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)