03
1
2
3
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
30
31

This Archive : 2010年03月

2010.03.29 *Mon*

SS写真館

なにやら地味にSSが溜まってきたのでがさっと放出します。




51Dの帰り道、さきに出たはずのサブマスさんが死んで倒れているのを発見。容赦なく踏む。

ざぶとんサブマス

このとき彼は先導役にも関わらず迷子になったという残念な素敵な出来事がありました。
まぁ「迷宮」ですし、迷っても仕方ない構造ですよねあそこは…



こちらは、ギルドメンバーのたまり場(仮)でみんなで集まったときのSS。

たまり場にて

なにげにひでさんが写ってる…
私が幻の参謀さんを見たのはこの時が初めてでした。
極霊魔導恐るべし…



完美には小ネタがたくさん仕込まれています。
たまの密集率が半端ないコチラ。

たまたま、たま

にゃんこかわいいよにゃんこ。




それと、その近くにはシータイガー出没地域もあります。

シー君とおっかけっこ!

今では私の大事な相棒です。
ゴレより柔らかいので死ぬことが多めなのは内緒…




野良も含め、ダンジョンにはけっこう参加しているのですが、なかなかSSを撮る機会はありません…


そろそろ黄昏にも行かなくてはならないので、もっと勉強しなくては(`・ω・´)
日々精進です。
category : PW完美世界

2010.03.28 *Sun*

だいすきなひとのはなし





他のMMOに定住地を探しつつ、完美のほうをコツコツとやりこんでおります。

大体2~3日に一レベ上げる感じで、そろそろ難しい支援技術なども必要になってきたりして…
大変だけど学ぶことが多くて充実しています。




そんななか。

ギルドメンバーのひとりが、引退を発表しました。


完美ではいくつかギルドを回ってきたけれど、どこもぱっとしなくて、今籍を置いている―黄泉―はとても素敵なギルドなんです。

みんな本当に個性派で、誰と話していても飽きないし。
先輩もいれば後輩もいて、教えたり教えられたり、みんなで分からなくて頭抱えたり。
いつもがやがやしてて、明るくて、人柄ってこういうものだよね・って思える素敵なところなんです。

私はここができたばかりのころに完美にやってきて、ここと一緒に成長してきたみたいなものだったので…
ちょっと、泣いてしまいました(苦笑



彼はモフさんで、「かよわいモフ」が口癖のわりにダンジョンとかすごく頼りになるし、話のテンポもノリもいいし奥さん溺愛だし、すごくいいセンパイでした。

妖精のことは少しはわかっても他職のこと、特にモフさんや戦士さんのことが全然わからない私にいろいろとアドバイスしてくれたり…
奥さんとラブラブなとこを見せつけたり…



接した期間はそう長くなかったけど、私はその人のことがすごく好きだったし、それはたぶんギルドのみんなが思っていたことだけど…

はじめて誰かの引退を聞いて、うわーってなってしまいました(´・ω・)



いままでも他人の引退は何回か立ち会ったし、自分も引退してきたゲームがあるわけで…

でもやはり慣れないですね。
会えないって思ったら、さみしいものです。


3.28 yomi


ひでつぐさん、お疲れ様でした。

いつでも戻ってきてください。待ってますからね。



それにしても統一感のない集合写真…(笑)
category : PW完美世界

2010.03.19 *Fri*

Kanbi-communicatioN


完美世界での日々もそろそろひと月になります。

レベルは一日一レベくらいを目安に上げていて、現在60の中盤ごろ。

なぜか雑魚クエの数が少なく、レベル上げがなかなか大変だったりします。




さて、あまり交流範囲も広くない私ではありますが、野良PTには積極的に参加するようにしています。

ギルドのメンバーは簡単なクエなどでどんどんレベルを上げていきますが、私には経験が絶対的に足りない上に、狩りをしないとペットのレベルがあがらず他人の足をひっぱってしまうので、地道にコツコツです。

おかげで完美の渡り歩き方と、妖精の立ち居振る舞いなど身についてきたかと思います。




まず完美全体のコミュニケーションとしては、所謂「芝生チャット」が主流のようです。

人数が多く且つコミュニケーションが盛んで、さらに低年齢層もプレイしているゲームは大体がこの芝生チャットの様式を取っていると思います。


夢世界はどちらかというと草はアクセントで、顔文字や絵文字を据えていく人口のほうが多かったように思います。
まぁ夢と完美ではプレイスタイルが全く違うので、万人に分かりやすい芝生の形態が不要という点もありますね。顔文字は時に誤解や不快感を演出することもありますが…

ワールド全体に行きわたるチャットを完美では「世界」と言いますが、私的世界もそれなりにある代わりに野良募集やギルドメンバー募集もひっきりなしに流れているので、それなりの年代物MMOにしては活気があるように思います。
まぁこれはベテ鯖だからなのかもしれませんが…




さて、その完美のプレイスタイルというのも。

経験値があればあるほど、戦術・戦略を理解している人が増えることです。


必要に迫られて渋々野良をやっている人は、できもしないのに出しゃばってボスの範囲で死ぬなど、自分に直接その無知さが跳ね返ってくる場面をよく見かけます。

新職で、言葉少なでも、いざという時には壁を務めることができたり、ヒーラーが雑魚に叩かれたらいち早く吹き飛ばしスキルなどで引き剥がしたりという技術を持っている人もまた、います。

私などはまだまだ初心者で、毎回ダンジョンで迷子になったり範囲に巻き込まれて護符が動いたりとしたりしていますが、確実に経験が身について行っていると思っています。
少なくとも精霊さんのお世話になることはここしばらくないです。

迷子は未だ改善されていませんが…

釣り進行の場合もしっかりやれるようになってきましたし、ゴレムのレベル上げも忘れずにやっています。
あとの足りない部分はギルドの先輩達に聞いたり、ネットで細かく調べたり。
妖精の釣りは時にPTの進行を大きく左右することもあると言うので、経験はあればあるほどいいという状態です。



また妖精の場合は魔法タイプの人型とデバフ・物理タイプの狐型があり、どちらも戦闘においてとても重要なスキルがあります。

もし将来的に領土やPvをする場合は狐型でも立ち回れるようにスキルを考えなくてはいけないし、かといって狩りでは魔法の殲滅スピードが必須です。

RSで二職同時システムに慣れている私はあまり苦でもありませんが、妖精メインで対人までする人はそういう点に戸惑うのかもしれません。




それにしてもこのゲームは戦闘経験値の高い人の割合が多くて驚きです。

領土ギルドが数多く、また新しいギルドを立ち上げてもなんとか上手くいく社会になっているので、知識の分散が程良くされているということなのでしょうか。

なにより、誰に指示されずとも自然にタゲ合わせと支援を行える人の多いことと言ったら!




たとえ人の多さに埋もれてしまうことになっても私は、人口のおおいゲームでワイワイやっていくのが性に合っています。




あとはこの…拝金主義すぎる大陸クオリティ丸出し運営さえどうにかなればカンペキなのに(笑)
category : PW完美世界

2010.03.12 *Fri*

日本語で言えば呪文骨?



自分のメインメールサーバをのんびり覗いていたら、目玉の飛び出るほどびっくりなニュース。




【重要】【スペルボーン】サービス終了のお知らせ




( Д) ゜゜



いやはや、これはまたたまげた。

セフィロスとかも、いつの間に終わってしまったのかと呆然としたりしましたが…

サービス終了早すぎでしょう!


あんだけ広告打ちまくって、12月にやっと開始したサービス。

私はクローズド開始後三日目でINして、それから三日間しか遊びませんでしたが…
なんだかさみしい気も、しないでもない。



思えばクローズド始まる前から問題だらけではありましたよね。


テスターを応募する形式にも関わらず、友達紹介枠がフル活用され、結局はオープン当日から混雑状態が続き正規テスターは全くINできず。

そのことに関しての運営の対応はまぁまぁよかったのですが…


INしたらしたで、ゲーム自体のイマイチさが浮き彫りに。


なんといっても風景が暗い。
グラフィックもいまいち新鮮味にかけるし、きれいでもない。特に人物…

そしてサーバー増強もあまり芳しくなく、不満があふれかえっていたようでした。




たしかに終了フラグは立ってましたね…うん。


私自身すぐやめてしまったので惜しむ声も出せませんが…

ネトゲってこうして消えていくんだな、と切ない気分になりました。





私はまだネトゲの世界を知ってから5年くらいしか経っていませんが、ここはさぞかし競争の激しくて泥沼な世界なのでしょうね。

まぁ…甲乙つくのが簡単だから単純でもありますが。





さて…私のお気に入りのゲームたちはいつまでもつかな(笑

2010.03.07 *Sun*

お酒が飲める年齢になりました。



完美では、ボスを適正で倒そうとすると残念な感じだと言うので、しょっちゅうギルメンにお手伝いをお願いしています。

巡回するタイプのボスは範囲を撃ってくることが多くて、遠くから見ていることしかできないことも多かったり…


妖精は他職に比べてボスなり狩りなりやりやすい職ではあるのですが…

ゴレムの防御バフをやっても二撃耐えられないことが多いです。
まったく適正ソロさせる気がないんでしょうね!



対ブルサンキング(見学)

こちらはブルサンキングの討伐シーン。
私は遠くの空中から見ているだけです…

こういうのを快く手伝ってくれる人・ギルドってすごい貴重ですよね。

私もはやくそういう支援できるようになりたいッス。


対レッドドラゴン(見学)

こちらはレッドドラゴンの討伐シーン。

マスターが やりたくないと言うのを無理やり ソロでやりたい☆というので、周りは静観です。
時間はかかっていましたが、さすがマスター、しっかり討伐してくださいました。

感謝感謝です。





そろそろダンジョンの野良に参加してみたいと思うのですが、なかなか勇気がでませんね。

なんといっても自分の実力不足はよくわかっているので…
数年間物理職ばかりだったし、テイマとはいえ魔法主体の職だともう…不安すぎるorz



テイマのダンジョンでの役割は主に釣りなのだそうです。

なかなか上手くできないのでフィールドで練習したりしています。
本体がMOBから遠すぎると攻撃が当たってもMOBがこっちに来なかったり、フィールドによってははまりこんだりリンクが切れず全部ついてきたり…けっこう大変。



ギルメンの先輩たちにコツを教わったりしながら…
成長していると信じたい!(泣


そのうち野良PTにも颯爽とデビューをしてやりますとも!

練習あるのみですね。
category : PW完美世界

プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)