07
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

This Category : FF14新生エオルゼア

2013.11.01 *Fri*

先生の殺人ジョーク

FF14 FF14
FF14の木工師ギルドのマスターはとてもいい人です。
でも先生、怖いのでジョークはホドホドにしてください。




秋が深まってきたのか、冬が駆け足でやってきたのか…
どちらにしろ、涼しくて過ごしやすい季節になりましたね。whitecatです。

私は夏がとても苦手なのですが、冬にも苦手なモノがあります。
ずばり、静電気

まだそんなに乾燥は感じないのに、もうすでに金属など触るとバチンと来ます。
100均や小売店の金属棚とか本当に辛いです。
着る服を変えても、手を乾燥させないようにしてもダメで、
ヒドいときはスカートとフトモモの間にパチッと来るので歩くのも痛い状態に…


夏のつらさに比べればマシなので、今年も静電気との戦いがんばります。




さてFF14。
サブ職だった学者が無事、レリック武器を手に入れました。

FF14
件のマダレムジエン
けっこう大きい本のような気がします。まさに辞苑


このごろはだいぶフェアリーも使いこなせるようになり、
色々連れ回しています。

FF14
フェアリーも久しぶりのシャバの景色に興味津々のもよう。


レリック武器取得で鬼門になるのは、やはり真タイタンでしょうか。
学者でチャレンジしたドルムキマイラとハイドラは、経験者が多く、最初のレリクエで味わったあの苦労はなんだったのか…と呆然としてしまうくらい簡単に済んでしまいました。
なので、何度も失敗した真タイタン討滅戦は余計に難しさが際立ちます。


真タイタンは未クリア人口が多めなのと、
一度クリアしてしまうと再度行きたいものじゃないという心理があり、身内で行けない場合はクリアを目指すと本当に大変です。

真タコは本当に神経使うので…
壊滅した原因を他人のせいにして、ギスギスしてしまうというのも、実際よくある話なのです。

クリゲーでギスギスって何言ってんだと思われそうですが、
やはりFFはライトユーザーが他のネトゲより絶対的に多いので、そういった隔絶はまだ根深そうです。

FF14

ギスギスオンラインもいい加減にしろ吉田ァアアアアーーーーッ!




ちなみにヒーラーは、わりと「壊滅した理由にされる」ほうの職なので、
言われるにしろ言われないにしろ、それで心折れるプレイヤーも多いそうです。

whitecatくらいの性格地雷ともなれば「は?被弾してんじゃねーよks」くらい思ってますけどね!!!



ところで、FF14では現在「守護天節」というイベントが開催されています。
ちょっと日付が過ぎてしまっていますが、
言うなればハロウィーンですね。

whitecatも早速参加してきました。


FF14
こちら、簡単なクエを受けるだけでもらえる衣装。

FF14 FF14
街はハロウィーン一色!
専用オブジェクトがやけに多種多様です…

FF14
街灯の下についているこのポスターが好きです。


FF14
お化けが群がっています。
正直、ここまで集まっていると異様な光景でした…



個人的には、もっとユーザー同士が接触するようなイベントがあると嬉しいです。
専用ダンジョンとか、専用FATEとか…
もちろんそれに旨味があればもっと嬉しいです(本音)

それに、そろそろ大規模戦みたいなコンテンツが懐かしくなってきました。
個人のPvPだと、FFの現状ではとてもカオスになると思うので、100対100のランダムマッチ戦争とかどうですか(鯖クラッシュのフラグ


…とりあえずは、おとなしくクリスタルタワー実装を待ちます…



ところで、冒頭の先生の(木工)ジョークですが、
随分昔、奇跡体験アンビリバボーという番組で、「殺人事件で【ウッドチッパー】という機械が使われた」という事件を紹介してて…
その話を友人にすると物凄く嫌がられるんですけどね…

事件の内容は割愛します☆

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

2013.10.25 *Fri*

日本語の幻惑力

気がついたら3週間もエオルゼアから帰ってきてませんでした。
whitecatです。


不平不満がありつつもなんだかんだ言ってプレイし続けてしまっております。
私のやっている職はそんなに不遇じゃないというのもありますが…
ネトゲとは恐ろしいものです…

まずは近況報告から。




こちらメインのWhiteCat。

FF14
現在カンストは3ジョブです。
白魔道士メインで、こちらはレリック取得済み+神話胴愛用。

神話装備は、スペルスピードが現状死にステータスなのでかなり迷ったのですが、
哲学のDL装備があまり好きではないので、愛着の沸かないものを着るより…と思って神話にしました。
集めるときの苦労は思い出したくありません…


FF14
巴術 は、カンストすると学者と召喚ふたつのジョブを同時にカンストすることになります。
whitecatは主に学者メインですが、
どちらもガルーダ武器を入手できたので召喚の装備も整え中です。
学者はレリッククエの真っ最中。


ヒーラーは基本的にはヒール2種類と常用バフ・非常用バフ、非常用火力スキル数種を使うばかりで、
キーボードのキー数で言えば10~12キーくらいしか使わないうえに、
スキルの発動の間隔が空いているので、あまり忙しい職ではありません。
責任が多少重いのと、
反射神経・とっさの判断力がちょっと必要なくらいです。

最初の職は吟遊詩人がいいと聞きますが、
whitecatは白が意外と性に合っている(と自分では思っています)。


学者の武器はとにかく苦労しました…
白の武器なんて、タイタンまで通算で考えても各蛮神平均3回くらいで必ずドロップしていたので、
真イフ・真ガルを20周以上行ってやっと泥った学者武器はもはや…親の敵みたいなもんです…(本末転倒)

FF14FF14FF14
なぜか往々にして運がいい白魔道士の武器たち。

FF14FF14
なかなか泥しなかった憎むべき学者の武器たち。

FF14
学者武器を泥待ちしているうちに召喚武器が落ちました。

このときは歯ぎしりせざるを得なかった…
なんせGREEDでもらったんだもの…






FF14では召喚士が、はじめてのDPS(火力職)となりました。
今まではPTメンのHPとデバフアイコンしか見ていない立ち回りだったので、HPを回復してもらう側というのはやっぱり新鮮です。


DPSは、スキル回しの間隔が短いので、基本的には休んでいられません。
なのでなかなか疲れます…

特に召喚士は、巴術士共通の認識として「MP枯渇がほぼない」という職なので、
それこそ「MP枯渇が心配なので火力を調節」ってこともありません。常に全力投球です。

さらに言えば召喚はDoTerなので、DoTの残り時間を見ながら、時にベイン・バーストを挟みつつ、ウィルス・アイフォーアイも状況に応じて入れて、MPとバフアイコンを見てエーテルフローを準備…
なんてことをやっています。


……この文章、
FF14をやっていない人から見たら「何言ってんだこいつ」と思われそうなほど呪文たっぷりですね…

翻訳
「召喚士は持続ダメージデバフスキルの使い手なので、持続スキルの残り時間を見ながら、時にスキル付与状態依存の火力スキル二種を挟みつつ、MOB弱体スキル二種も状況に応じて入れています。MPが枯れそうだったらMP回復スキルもいれます。」



上のような呪文はMMOではよくあることですが、
FF14では特に、過去作を通じた専門用語がかなりあります。

海外鯖が併設されていることもあって、英単語ベースの略語が山のようにあって、後半のコンテンツに行くと用語を調べることも必要になってきます。

DPSというのをはじめて募集シャウトで見たときはなんの略か全くわかりませんでした。(秒間ダメージ及びディーラーのこと)
LBというのもやっぱりなんのことかわかりませんでした。(リミットブレイク)
DoTの反対の言葉としてHoTという単語を、国内MMOのどれだけが使っているでしょうか?(ヒールの持続回復のこと)
FC、LS、GC、ユーザーが所属するモノだけでも見間違いを起こしそうです。
AoEという単語はさすがに常用略語じゃないと思いますが…(範囲攻撃)
procという言葉(追加効果)や
WSをウェポンスキルと読ませるのはもはや日本語への敵対としか思えません。


FF14ではアディショナルスキルという、他職を修めていればいくつかのスキルを別の職でも使用することが可能だったりするので、
相手が知っていようといまいと、様々な職のスキル名が飛び交いまくります。
FF14は1キャラですべての職をカンストするのが目標のようなところがあるようです。


whitecatはどちらかというと、各職に似合った外見や基礎ステータスのキャラを作って、またイチから育てるというスタイルが好きなのですが…
FF14はそもそもキャラを複数持つ利点が少ないように思います。
たしかにキャラへの愛着は増しますが…


あと、これはFFの世界観というかノムリッシュ というか、伝統的なコトですが、
カタカナ語を誤読しやすい。

whitecatにとって直近の話題ですが、
学者のレリック武器「マダレムジエン」、
クエを受注して進めるまでずっと「マダムレジエン」だと思っていました…

なにがマダムだよ恥ずかしい!
声に出したりチャットに打ったりしたことはなかったのが幸いでした…。


他にも、「ブレイフロクス」「バスカロンドラザーズ」「レヴナンツトール」…
ローマ字表記がある地名でも、シャウトなどで誤読が多く散見されるのに、MOB・スキル名を含めたらもう大変です。

そもそも地名のローマ字に関しても、
モードゥナのMor Dhonaやオ・ゴロモはO'GhomoroでHは発音しないのにUl'dahでウルダハと明確に発音を与えていたり、ガレマールはGarlemaldなのにイシュガルドはIshgardだったり、カタカナはほぼ当て字みたいな状態で言語としての法則性が薄く、

もうどうにでもしやがれという気持ちになります!!!

かと言って漢字にしても、
根性版のせいで「碩老樹瞑想窟」だの「鬼哭隊」だの「七谺」だの、一生のうちに何度お目にかかるかな?というレベルの非常用漢字使ってきますけどね!


こればかりは諦めです…


まぁ、中途半端に実装されてクエストが全文中国語だったネトゲよりはずっとマシですよね!
そう思うと毎日たのしいです!





最後に、最近行ったおもしろPT。
ナ学学学ワンダラーパレスに行きました!

FF14
結果として、
キングの恨み調整に不慣れで3回ほどやり直した以外では、
道中もプリンもなんの問題もなく、拍子抜けするくらい楽勝でした。

難点としては、
イフ武器未満もいたのでちょっと火力不足だった部分があったこと、それくらいです。
学者本体はほぼずっとクルセードスタンスだったので、たのしく遊んでくることができました。


FF14は変速PTがかなりおもしろいのでオススメです!

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

2013.10.01 *Tue*

ウロコに頬ずりしたい

どうも、whitecatです。

いままではゲーマーの端くれと名乗っていましたが、
最近は木こりに転職して、せっせと木を切っています!!

FF14_24_20131001194211138.jpg
…FF14の中だけですが。



FF14には戦闘職以外に「クラフター」と「ギャザラー」という職業区分があります。
読んで字のごとく生産職です。

木こりは正確には「園芸師」というギャザラー職で、木を切り、草を刈る職業です。
ギャザラーには他にも「漁師」「採掘師」などがあり、漁師は釣りを、採掘師は岩を相手に鉱石を掘る仕事です。
採掘物は売りに出して、それをクラフターが利用します。
クラフターに装備を作ってもらうために持ち込んだり、といった相互補助もあります。

ffxiv_20130829_135628.jpg
クラフターには「木工師」「革細工師」「鍛冶師」「裁縫師」「彫金師」「錬金術師」「板金師」「調理師」の8種類があり、多種多様な材料を用いて装備や補助アイテムを作ります。
ギャザラーに対しクラフターはかなり数が多いですが、
園芸師の取る材料を革細工師と錬金術師がレシピで使うなんていうこともあり、意外とバランスが取れています。


whitecatは今は木工師と園芸師に凝っていて、
それ以外にも気が向いた時に革細工師、漁師、採掘師、裁縫師などをレベリングしています。

ギャザクラも当然レベリングがありますが、
FF14の生産職って妙に中毒性があって、もくもくと採集をしている間にレベルがあがったりしていってしまいます。

s_ffxiv_20130829_140143.jpg
クラフターは材料が必要な分、お金も手間もかかりますが、マテリアの装着や高レベル装備を作れるので、
多くのプレイヤーが街角や店の前で作業台を広げているわけです。



ギャザクラのハナシは、同じ職人同士だとなぜか盛り上がるのですが、
ブログに書くときっとものすごく退屈なので…
今回はモンスターのお話です。





先日の記事で、FFシリーズでお馴染みのMOBのことは書きました。
今回は、また別のモンスターです。

FF14は通常フィールドのモンスターも、IDのモンスターもなかなか多種多様です。
フィールドが多い割には、使い回しは少ないように思います。


FF14_15_20131001193940692.jpg
これは…AAで有名なオエー鳥!

おえー
名前はコリブリです。
今作ではレベリング狩りで絶滅危惧されるようなMOBではないようです。

FF14_14.jpg FF14_13.jpg
FF14_06_2013100119372838e.jpg FF14_03_20131001193639b2c.jpg
フィールドのMOBもなかなか個性派揃い。
FF14のクァールは全身筋肉みたいな骨太の骨格がとても…イイ!


FF14_21_20131001194121ba9.jpg FF14_17_20131001194012246.jpg FF14_05_2013100119371214d.jpg
ダンジョンボスはいかにも「ボスです」という雰囲気がとてもステキです。

FF14_23_201310011941553ae.jpg
奇跡的なSSが撮れてたので。
マンガのワンシーンのような…キュピーン!


FF14_12_201310011938514b0.jpg

イケ…メン?


FF14_07_20131001193744ce1.jpg
キャロットちゃんなんて顔じゃねーだろ!
クエスト場所でコレが湧いた時声が出るほどビックリしました…


FF14_22_20131001194139f14.jpg FF14_19_20131001194047bd0.jpg FF14_18_20131001194029436.jpg
FF14_11_20131001193834deb.jpg FF14_09_201310011938179e1.jpg FF14_04_20131001193656318.jpg
FATEのモンスターたちはなかなか姿を見られなかったりしますが、
どのマップのMOBも強敵揃いです。特にキマイラ…

FF14_16_20131001193956c6d.jpg
FATEに走って向かう一段はもはや風物詩です。
同じような光景はベンチマークテスト用ムービーにもありますね!


FF14_02_20131001193622f51.jpg
フィールドには、なんだか意味深なオブジェクトがあったりします。
これはカメですね!



FF14_08_201310011938007ab.jpg
ドラゴン族の死骸。
雪に埋まっているせいか、原型を留めたままの静かな気配がとても幻想的です。



FF14_29_20131001194340126.jpg

トンベリも当然います!


このトンベリがいるID「ワンダラーパレス」は、かなり厳しいエンドコンテンツ用ダンジョンとして冒険者を苦しませています。

FF14_28_20131001194317e8b.jpg
左のSSはまさに私が苦しめられたところ


FF14_26_201310011942458af.jpg FF14_27_20131001194301ea6.jpg
ちなみにこのダンジョンを案内してくれた盾さんとDPSさんは、イケメン揃いのいい方々でした。
死にかけながらも上手いこと躱して、初入場でクリアできました。
やはりしっかりしたPTメンバーは多ければ多いほどありがたいです! 特に回復役は、死にやすいわりに死んでいるヒマなんてないので…


FF14_25_2013100119422774d.jpg
4人PTで最大難易度のエンドコンテンツ「古城アムダプール」には
ボスとしてデモンズウォールがいます。
顔が怖い!


FF14_31_20131001194411cdd.jpg FF14_30_201310011943553c5.jpg
モンスターとは違いますが、ミニオンはかわいいの揃い。
全部集めたくなってしまうので困ります…!



戦うだけじゃない楽しみがFF14にはあるということです。
でもこのペースで遊んでいたらレベルキャップ開放まで月額課金するって気にはなれないなぁ(´・ω・`)


Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

2013.09.21 *Sat*

オデンさんとゆかいななかまたち


今回は楽しいことがあったので、ちょっとだけ記事にします。


FF14
蛮神・オーディンのFATEです!


現在最上級のFATEに数えられるのはこのオーディンベヒーモス
どちらも非常に難関のFATEで、ボスに近づくだけで死ぬこともあるような内容です。

FF14
こちらがオーディンさん光の戦士たち

FF14 FF14 FF14
SS見てわかります通り、ぜんっぜん見えない!!

ターゲットしてるのにふっと消えたりして、タゲれないままFATEが終わるなんてこともあります。
FATEは30分くらいあるのですが、各地からレベル高低問わず猛烈な数の冒険者が押し寄せるので、範囲攻撃やバディ・ペットの負荷もあり、サーバー問題を抱えるFF14には今のところ不釣り合いなコンテンツではあります…

FF14
FATE終わった!
失敗だ!ざんねん!!



成功の場合は、武器交換に使えるアイテムとかがもらえたり…
たぶんそんなかんじでしょう。

現状は、
とにかく「オーディンを見ることすら出来ない」というプレイヤーが多すぎて結局火力不足になり、失敗してしまう…という流れです。
2回参加出来ましたが、どちらも失敗でした。
こればかりは別途、プレイヤーのラグや表示制限施策を待つしかありません。

ネトゲとはいえ、FFのナンバリングタイトルなんですから、他プレイヤーの姿を薄くするコンフィグとかあってもいいと思うんですけどね…

ちなみに、プレイヤーが一極集中しすぎてグラフィックがぶっ壊れた状態を散歩してきました。


FF14 FF14 FF14
NPCはいるんですけどMOBも他プレイヤーも表示されず、
お散歩好きにはたまらないシチュエーション…


次回はもちょっとSS多めの記事です!

2013.09.13 *Fri*

詳細個々

FF14_027.jpg

!?



相変わらずログインオンラインが解消されないFF14、
引き続きプレイしています。

今日のアプデではついに、30分以上放置しているユーザーをログアウトさせる機能が登場!
whitecatはこんな機能はじめて聞きました。
ネトゲをやる上で「晩飯放置」はよくあるハナシなのに、運営は大胆だなぁとむしろ感心してしまいました…
かくいうwhitecatも晩御飯に言っている間にさっくり落とされてました。
しかもその直後にサーバー不具合で大規模メンテ…

昼間10時間メンテしていたのに…
大型メンテの直後に緊急メンテなんてそれどこのドラネス


FF14_059.jpg
やめろォ!



今回は、whitecatの活動っぷりをご報告です。
後半は脈絡なく、SSとコメントを掲載していきます。
そうそう、エオルゼアでもWhite Catの名前が取れたので、これで活動しています。

ちなみに最初の画像は、サブクラス育成中にキャンプで見かけたすごい格好のヒト。
肌が真っ黒のララフェルやエレゼンがいたり、素っ裸のままFATEに参戦してくるミコッテがいたり…やはりどんなMMOにもネタキャラっているもんですね。




先日、マーケットボードをウロウロしていたら念願のアイテムを見かけたので…

FF14_017.jpg FF14_022.jpg
衝動買い!
タイニーアダマンタスちゃんです。

これはミニオンという、いわば飾りペット。
正式開始間もないにも関わらず、かなり種類が充実しています。

FF14_001.gif
Twitterアイコンにしようと思って作ったGIF。
プレイヤーが走るのについていく時のモーションは、このようにマ○オカートの甲羅のようにクルクルまわりながら、なのです。
激かわ!!!



FF14_010.jpg FF14_009.jpg
こちらは、攻撃も参加してくれるバディのチョコボ。
騎乗と併用できないのであまり呼び出さないのですが、連れ歩いているとなかなか愛着が湧いてきます。


ffxiv_20130901_213008.jpg
こちらはマウント…つまり騎乗の、ユニコーンです。

幻術士のクラスクエで獲得できる騎乗で、ケガをしているところを助けてあげたという経緯があります。
自然を愛する幻術士らしいアイテムとも言えます。

FF14_029.jpg
騎乗やバディはプレイヤーの種族(体格)によって、大きさが全然違います。
この画像だと一目瞭然!
一番小柄なララフェルと、一番大柄なルガディンではクライスデールとポニーくらいの違いがあります。


騎乗は、FATEPTを駆け抜けるために特に重要な手段です。

いかに素早くFATEにたどり着けるかが、経験値効率に直結してきます。
白魔道士はかなり後半になるまで範囲スキルを覚えないので、瞬発力が勝負!

FF14_020.jpg
頑張ればこんなに経験値を稼ぐことも出来ます。
レベリングに行き詰まったり、クエストが途切れた場合はにぎわいのあるマップでFATEを追いかけるのが良いでしょう。


FATEを求めて辿り着いた、エンドコンテンツの気配がするマップでは、
歴代FFファンならわくわくするアイテムを販売していました。
FF14_057.jpg
これを泥させるために古代の民の迷宮で何度ベヒモちゃんと戦ったことか…!



レベリングの上で外せないのが、メインクエで何度も通る「インスタンスエリア」。
先日は、メインクエで出た蛮神ガルーダを見事撃破できました。
攻略サイトを見ながら、一番手を離しやすいヒーラーが指示をして、何度も死にながらようやくのクリア…
ちょっとナミダが出るくらい嬉しかったです!

FF14_015.jpg

今のところガルーダが文句なく一番難しいメインクエストダンジョンなので、
みなさんもぜひ期待半分・恐怖半分で挑戦してみてくださいね!



FF14_050.jpg
FF14にはオプション機能が多くあり、
装備染色はかなり初期段階からできる装備加工です。
帽子と合わせた色合いにするもよし、全身ピンクにするもよし…楽しみが広がります!


こちらの染色剤は各都市やキャンプの雑貨屋などに売っています。
値段もお手軽!


FF14_049.jpg
FF14にはリテイナーというシステムがあります。
これはなんといえばいいのか…オークション代理開催人、でしょうか。
リテイナーは倉庫の役割とオークション出品の役割を持っていて、リテイナーに預けたものかプレイヤーの所持品をオークションに出品しておいてくれるというヒトです。


FF14_048.jpgリテイナーはなぜか、自分で造形を考えることができるんです!
キャラメイクはしたけど使わなかった外見などを使うもよし、
イケメンや美女に作ってほんのひと時癒されるもよし…
ただし性格は数種類から選ぶ形式ですが。



FF14_014.jpg FF14_031.jpg FF14_058.jpg
座り姿いろいろ。
ララフェルはちんまり座る動作が多いんですが、ムービーなどだと不意打ちでパンツ丸出しになることがあるので戸惑います。
幼児体型ここに極まれり! なので興奮するというユーザーは少なそうですが…


さらにFF14では、椅子の近くで「座る」モーションを取ると、椅子に座るカタチになります。
これ、当然と思われそうですが、
ネトゲではこういうの本当に珍しくてキュンとくるポイントなのです。

FF14_012.jpg
モノクルかわいい。


FF14_013.jpg
大都市の材料屋近くでは、様々なクラフターがせっせと制作をしています。

FF14の制作要素は単純ですが奥が深く、さらに完全な運などではないところが妙にハマれるポイントになっています。
生産要素、といって忌避するにはあまりにも惜しい!



以下は、whitecatのお気に入り風景SSです。
FF14_025.jpg FF14_023.jpg FF14_021.jpg
FF14_034.jpg FF14_037.jpg FF14_038.jpg
FF14_039.jpg FF14_040.jpg FF14_042.jpg
FF14_044.jpg FF14_047.jpg FF14_051.jpg
FF14_052.jpg FF14_053.jpg FF14_054.jpg


ジャンプと、高いところからの落下で、
実はいろいろなところにいけちゃうエオルゼアの世界。

夢世界で建物に登ることに情熱を傾けまくったwhitecatの冒険はまだまだ続きます!

Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

プロフィール


ネトゲ廃人whitecatの備忘録ブログ。
かっこいいMOBが大好物。

MO・MMOネトゲのSS日記中心。

管理人について
当ブログについて

サイト内検索

最新記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

※ものすごく縦に長いので注意

権利表記

ブログに使われているゲーム内画像および、
イラスト・ライン画像にはそれぞれ別途著作権があります。
無断使用を固く禁じます。
Reprint is prohibited.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © solitas strix All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)